サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

目次

鎌倉時代造像論 幕府と仏師

鎌倉時代造像論 幕府と仏師

  • 塩澤 寛樹(著)
  • 序章 本書の課題と研究の視点
    • 第一節 鎌倉幕府造像とは何か
    • 第二節 鎌倉時代彫刻研究史の整理と問題点
    • 第三節 本書の目的
    • 第四節 本書の方法と構成
  • 第一編 幕府造像の特質とその意義
  • 第一章 鎌倉時代における幕府造像と王権の造像
    • 第一節 仏師・仏所からの比較
    • 第二節 表現様式の比較
  • 第二章 鎌倉時代の社会と幕府造像
    • 第一節 主要幕府造像の仏師選定と幕府政治
    • 第二節 主要幕府造像の目的・契機と鎌倉時代社会
  • 第二編 草創期の幕府造像
  • はじめに
  • 第一章 幕府造像の濫觴
    • 第一節 研究史の整理と問題点の抽出
    • 第二節 頼朝の行動原理と仏師選定
    • 第三節 成朝と頼朝
    • 第四節 願成就院造像における運慶起用の事情とその後の幕府造像
    • むすび
  • 第二章 建久期の東大寺復興造像と鎌倉幕府
    • 第一節 復興支援の状況、主体者、目的
    • 第二節 大仏光背の制作
    • 第三節 中門二天像と大仏殿内諸像の仏師選定
    • むすび
  • 第三章 第一期における御家人による造像の諸相
    • 第一節 先学の整理
    • 第二節 證菩提寺阿弥陀三尊像の概要
    • 第三節 表現上の特色と制作年代について
    • 第四節 證菩提寺の歴史と阿弥陀三尊像の伝来
    • むすび
  • おわりに
  • 第三編 継承・展開期の幕府造像
  • はじめに
  • 第一章 建保・承久年間の運慶と鎌倉
    • 第一節 事績の実態
    • 第二節 運慶作例の持つ意味
    • 第三節 運慶起用の理由
    • 第四節 和田合戦との関連
    • むすび
  • 第二章 静岡・願成就院本尊阿弥陀如来坐像について
    • 第一節 願成就院本尊阿弥陀如来坐像の概要
    • 第二節 表現上の特色と制作時期
    • 第三節 願成就院の歴史と本尊阿弥陀如来坐像の伝来
    • 第四節 本尊像の位置付けと願成就院の造仏
    • むすび
  • 第三章 第二期幕府造像の諸作例
    • 第一節 静岡・願生寺阿弥陀如来坐像
    • 第二節 神奈川・宝城坊薬師如来坐像
  • おわりに
  • 第四編 変容期の幕府造像
  • はじめに
  • 第一章 證菩提寺様の成立
    • 第一節 神奈川・證菩提寺本尊阿弥陀如来坐像について
    • 第二節 承久の乱後の社会と幕府造像Ⅰ
    • 第三節 承久の乱後の社会と幕府造像Ⅱ
    • 第四節 「證菩提寺様」の形成とその意義
  • 第二章 畿内の仏師の到来とその影響
    • 第一節 鎌倉・明王院不動明王坐像と肥後定慶
    • 第二節 到来仏師の作例とその展開
  • おわりに
  • 第五編 完成期の幕府造像
  • はじめに
  • 第一章 鎌倉・建長寺千手観音坐像と「鎌倉派」の仏師
    • 第一節 建長寺千手観音坐像の概要
    • 第二節 表現上の特色と制作年代
    • 第三節 建長寺像の伝来と制作事情の推定
    • むすび
  • 第二章 「鎌倉派」仏師の実態と作例
    • 第一節 鎌倉派の仏師と作例
    • 第二節 「鎌倉派」仏師の性格
    • 第三節 第四期幕府造像の仏師選定と「鎌倉派」仏師
  • 第三章 鎌倉大仏について
    • 第一節 造形上の特徴および原型作者について
    • 第二節 銅造大仏造立の意義
    • 第三節 像種選択について
    • 第四節 大仏の名称とその意味
    • むすび
  • おわりに
  • 終章 まとめと展望