サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 序章 「村」からみるインド
    • 1.英語小説とインドの村
    • 2.インドの言語状況
    • 3.「ポストコロニアル」の視点
    • 4.「村」の定義
  • 第1章 村への目覚め:ガンディーによる「インド性」の発見と構築
    • 1.異文化との出会いと母国へのまなざし
    • 2.理想郷としての村
    • 3.現実の村への旅立ち
    • 4.「伝統」を紡ぎだす
    • 5.村に派遣される青年たち
    • 6.村におけるコミュナリズム
  • 第2章 村との出会い:知識人としての作家の使命
    • 1.英語小説を生んだ土壌
    • 2.ムルク・ラージ・アーナンド−社会派作家の誕生
    • 3.『不可触民』と『葉っぱふたつに芽ひとつ』そして『村』−社会の底辺を見つめて
    • 4.ラージャー・ラーオ−哲人作家の登場
    • 5.『カンタプラ』−伝統的社会の変容
  • 第3章 村からの声:村人の主体性
    • 1.R.K.ナーラーヤン−職業作家の軌跡
    • 2.『マハトマを待ちながら』−村人の抵抗
    • 3.『看板屋』−村人との対決
    • 4.『ナーガラージの世界』−村の新しい生活
  • 第4章 引き裂かれる村:「村人」から「異教徒」へ
    • 1.分離独立とコミュナリズム
    • 2.クシュワント・シン−執筆への衝動
    • 3.アーンチャリク・ウパンニャースの試み
    • 4.ラーヒー・マースーム・ラザー−村が育てた作家
  • 第5章 村の家族:支え合う生命
    • 1.カマラー・マールカンダヤ−物語の母として
    • 2.アニター・デサイ−子どもたちへのメッセージ
  • 第6章 先祖たちの村:大地と物語に宿るルーツ
    • 1.ニロド・C.チョウドゥリ−親英派知識人の生い立ち
    • 2.V.S.ナイポール−ルーツを求めて
  • 第7章 桎梏の村:自由の代償
    • 1.アルンダティ・ロイ−行動する作家の出現
    • 2.『小さきものたちの神』−「小さきものたち」の住む村
  • 終章 英語小説に託された「インド」