サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0811-17)

目次

超克の思想

超克の思想

  • 岩本 真一(著)
  • 第一章 小林秀雄の「近代」批判−「批評」の成立とその展開
    • 1 小林秀雄研究の問題点
    • 2 転回点としての「恋愛」
    • 3 「批評」の「創出」
    • 4 「近代」批判としての「私小説論」
    • 5 小林秀雄の到達点とその継承
  • 第二章 中村光夫の近代主義−「社会変革」としての文芸批評
    • 1 新しい中村光夫論に向けて
    • 2 「社会変革」の原体験
    • 3 小林秀雄の影響と「転向」
    • 4 日本「近代」と西欧近代
    • 5 フランス体験と戦時下の活動
  • 第三章 福田恆存の「近代の超克」論−「言葉」と「共同体」
    • 1 なぜ福田恆存を論じるのか
    • 2 原点としての文芸批評とその成立
    • 3 近代日本文学への視座
    • 4 思想展開としての評論と演劇
    • 5 福田恆存の思想的特質と可能性
  • 終章 「近代の超克」と「共同体」