サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

目次

最新のカルベン化学

最新のカルベン化学

  • 富岡 秀雄(著)
  • 序章
    • 1 カルベンの登場
    • 2 カルベンの化学の特色
    • 3 カルベンの化学の研究の変遷
    • 4 本書の主眼点と構成
    • 5 いくつかの注意事項
  • 第Ⅰ部 研究法
  • 第1章 カルベンの前駆体
  • 第2章 カルベンの発生条件と反応する多重度
  • 第3章 生成物分析による相対的反応性の決定
  • 第4章 分光学的研究法
    • 4−1 低温マトリクス分離分光法
    • 4−2 時間分解分光法
    • 4−3 光音響熱量測定法
    • 4−4 X線を用いた“その場”観測
    • 4−5 化学誘発動的核スピン分極
    • 4−6 分子フラスコを用いた研究
  • 第5章 電子スピン共鳴分光法
    • 5−1 ゼロ磁場分裂パラメーター
    • 5−2 シグナル強度の温度依存性
    • 5−3 三重項カルベンの構造とゼロ磁場分裂パラメーターの関連
    • 5−4 回転異性体
    • 5−5 構造緩和
  • 第6章 理論計算
    • 6−1 計算によって予測される事項
    • 6−2 計算手法
  • 第Ⅱ部 一重項−三重項相対安定性と構造の関連
  • 第1章 計算化学による一重項−三重項エネルギー差の理論的予測
    • 1−1 構造と多重度の関連に関する考察
    • 1−2 一重項と三重項のエネルギー差を決定する要因
    • 1−3 計算化学による予測結果
    • 1−4 溶媒効果
  • 第2章 一重項−三重項エネルギー差の実験的評価
    • 2−1 光電子分光法
    • 2−2 前平衡機構に基づいた評価
    • 2−3 エネルギー曲面交差機構
    • 2−4 エネルギー差への溶媒効果
  • 第Ⅲ部 反応1−付加,挿入,引き抜き
  • 第1章 アルケンとの反応
    • 1−1 多重度による反応パターンの違い
    • 1−2 二重結合に対する反応性の分類
    • 1−3 分子内付加
    • 1−4 1,3−ジエンへの1,2−付加と1,4−付加
  • 第2章 C−H結合との反応
    • 2−1 一重項カルベンの反応
    • 2−2 三重項カルベンの反応
    • 2−3 水素原子トンネル反応
  • 第3章 C−C結合との反応
  • 第4章 ヘテロ原子を含む化合物との反応
    • 4−1 O−H結合との反応
    • 4−2 イリドの形成
    • 4−3 二酸化炭素との反応
    • 4−4 窒素分子との反応
  • 第5章 酸素との反応
  • 第Ⅳ部 反応2−転位
  • 第1章 1,2−転位
    • 1−1 カルベンでの1,2−転位
    • 1−2 転位の立体化学
    • 1−3 カルベンを中間体として含まない1,2−転位−励起状態での転位
  • 第2章 Wolff転位
    • 2−1 生成物分析による研究
    • 2−2 時間分解分光法による研究
  • 第3章 1,2−転位を利用する高ひずみ化合物の合成
    • 3.1 1,2−C転位による橋頭位アルケンの合成−橋頭位アルケン⇄カルベン異性化
    • 3−2 Wolff転位によるひずみ化合物の合成
  • 第4章 カルベン−カルベン転位
    • 4−1 ケトカルベン−ケトカルベン転位
    • 4−2 アリールカルベンの相互変換
    • 4−3 Skattebφl転位
  • 第5章 分子の空洞内(分子フラスコ中)での転位反応の研究
  • 第6章 フラグメンテーション
  • 第Ⅴ部 新しい展開
  • 第1章 カルベン反応における溶媒効果
    • 1−1 項間交差
    • 1−2 一重項での反応性
    • 1−3 フェムト秒時間分解による研究
  • 第2章 励起カルベンの反応
    • 2−1 溶液中での分子間反応
    • 2−2 分子内反応
  • 第3章 求電子性カルベンと求核性カルベン
    • 3−1 π系との共役−シクロペンタジエニリデンとシクロヘプタトリエニリデン
    • 3−2 求電子性−求核性(Philicity)の理論計算による取り扱い−強い求電子性カルベン
    • 3−3 非共有電子対による一重項カルベンの安定化−求核性カルベン
  • 第4章 安定な一重項カルベン
    • 4−1 安定な一重項カルベンの実現
    • 4−2 安定な一重項カルベンの反応
    • 4−3 安定な一重項カルベンとLewis酸および塩基との反応
    • 4−4 安定な一重項カルベンと遷移金属の錯体−触媒配位子への応用
  • 第5章 三重項カルベンの安定化
    • 5−1 三重項ジフェニルカルベンの安定化
    • 5−2 多核芳香族三重項ジアリールカルベンの安定化
    • 5−3 新しい保護法の開発
    • 5−4 三重項カルベンの“その場”直接観測
  • 第6章 高スピンポリカルベン−有機磁性材料への展開
    • 6−1 高スピン有機分子の設計指針
    • 6−2 多重度の決定方法
    • 6−3 高スピンポリカルベンの構築
    • 6−4 安定な三重項カルベンを用いる展開
    • 6−5金属錯体を利用する方法−ヘテロスピン系アプローチ