サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 序章 歴史と虚構の狭間のアレクサンドロス
  • Ⅰ アレクサンドロスに関する知識の源
  • 第1章 偽カッリステネスのアレクサンドロス物語
    • 1 物語の生成
    • 2 東方への伝播
    • 3 物語の概要
  • 第2章 ギリシア・ローマ古典史料におけるアリストテレスとアレクサンドロス
    • 1 天才と天才の出会い
    • 2 アリストテレスに宛てたインドの不可思議についての書簡
    • 3 アレクサンドロスへの忠言の手紙
  • 第3章 イスラーム以前のイランにおけるアレクサンドロス
    • 1 ペルセポリス焼尽
    • 2 大王の記憶
    • 3 ササン朝ゾロアスター教文献におけるアレクサンドロス
  • Ⅱ 預言者アレクサンドロス
  • 第1章 「二本角のアレクサンドロス」
    • 1 『クルアーン』第一八章「洞窟」八二−九七節
    • 2 「二本角」の正体
    • 3 アレクサンドロスにまつわるシリア語キリスト教伝説
    • 4 一神教とアレクサンドロス
  • 第2章 イスラーム世界におけるアレクサンドロスの神聖化
    • 1 タバリーの『タフスィール』
    • 2 預言者伝集
    • 3 ディーナワリーの『長史』
    • 4 ニザーミーのアレクサンドロス物語
  • Ⅲ 哲人王アレクサンドロス
  • 第1章 「君主の鑑」文学におけるアレクサンドロス
    • 1 「君主の鑑」とは
    • 2 アダブ文学と先行文明の影響
    • 3 サーリム・アブ・ル=アラーの「アレクサンドロスに宛てたアリストテレスの書簡集」
    • 4 『秘中の秘』
  • 第2章 アダブからヒクマへ
    • 1 アリストテレスの忠言
    • 2 アレクサンドロスの金言
    • 3 「インドの裸行者」との問答
    • 4 アレクサンドロスの最期
  • Ⅳ 歴史叙述の中のアレクサンドロス
  • 第1章 初期のアラブ歴史学−ハディースの時代
    • 1 歴史としてのイスラーイーリーヤート−ワフブ・ブン・ムナッビフ
    • 2 スィーラの歴史観−イブン・イスハーク
    • 3 イブン・ヒシャームの『王冠の書』
    • 4 征服史とアレクサンドロス−イブン・アブド・アル=ハカム
  • 第2章 非アラブの貢献−ペルシア、ビザンツの遺産
    • 1 『列王伝』の翻訳−イブン・アル=ムカッファア
    • 2 ビザンツ、キリスト教史学の影響
  • 第3章 万国史の登場−ハディースからの解放
    • 1 事典的歴史−イブン・ハビーブとイブン・クタイバ
    • 2 物語的歴史−ディーナワリー
    • 3 博識と原典批評−ヤァクービー
    • 4 ハディースへのこだわり−タバリー
    • 5 時代の知の集成−マスウーディー
  • 第4章 権力の地方分散と歴史−東方イスラーム世界を中心に
    • 1 ブワイフ朝下の歴史家
    • 2 サーマーン朝下における近世ペルシア語の台頭
    • 3 ガズナ朝スルタンたちの「アレクサンドロス模倣」
    • 4 セルジューク朝期の歴史書
    • 5 歴史の指標としてのアレクサンドロス
  • 終章 超越と限界を体現する男