サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

これからの進化生態学 生態学と進化学の融合

これからの進化生態学 生態学と進化学の融合

  • Peter Mayhew(著)/ 江副 日出夫(訳)/ 高倉 耕一(訳)/ 巖 圭介(訳)/ 石原 道博(訳)
  • 第1章 進化学と生態学の接点−シクリッドの種分化を例に−
    • 1.1 種分化のいくつかのメカニズム
    • 1.2 湖のシミュレーションと放散のシミュレーション
    • 1.3 シクリッドと進化生態学
    • 1.4 さらに詳しく学ぶには
  • 第2章 主要な移行と性の進化
    • 2.1 主要な移行としての性
    • 2.2 性の維持
    • 2.3 さらに詳しく学ぶには
  • 第3章 生物圏の進化と飛行の進化
    • 3.1 生物圏の進化:簡潔な歴史
    • 3.2 動物の飛行の進化:生態の大きな変化を理解するために
    • 3.3 飛行能力の維持とその生態的影響
    • 3.4 さらに詳しく学ぶには
  • 第4章 生活史の進化
    • 4.1 単独の形質の最適化:繁殖寿命
    • 4.2 不変量・組み合わせ・比較研究
    • 4.3 代謝スケーリングの適応的性質とその結果
    • 4.4 さらに詳しく学ぶには
  • 第5章 性比と性配分
    • 5.1 雌雄同体か雌雄異体か
    • 5.2 性配分の偏り
    • 5.3 遺伝的な非対称性
    • 5.4 利益効率の非対称性
    • 5.5 性決定システムの進化
    • 5.6 性配分理論は本当に輝かしい実績か
    • 5.7 さらに詳しく学ぶには
  • 第6章 移動分散と休眠の進化
    • 6.1 進化的に安定な分散戦略
    • 6.2 分散の進化の証拠
    • 6.3 休眠とその他の種子の戦略
    • 6.4 さらに詳しく学ぶには
  • 第7章 植物の行動生態学
    • 7.1 資源の獲得
    • 7.2 社会性の進化
    • 7.3 植物の性淘汰
    • 7.4 さらに詳しく学ぶには
  • 第8章 進化と個体群動態
    • 8.1 適応的な意思決定と個体群動態
    • 8.2 生態的時間における進化
    • 8.3 短期的な進化の影響
    • 8.4 適応ダイナミクス
    • 8.5 さらに詳しく学ぶには
  • 第9章 ニッチの進化
    • 9.1 トレードオフ下でのパフォーマンスの進化
    • 9.2 他の単一種モデル
    • 9.3 競争がある場合のニッチの進化
    • 9.4 意思決定による実現ニッチの縮小
    • 9.5 仮定と予測に関する証拠
    • 9.6 特殊化における進化的な傾向
    • 9.7 さらに詳しく学ぶには
  • 第10章 相利共生
    • 10.1 寄生者の病毒性の進化
    • 10.2 相利共生の起源と維持
    • 10.3 さらに詳しく学ぶには
  • 第11章 共進化
    • 11.1 相互作用する種の数
    • 11.2 種数の動態
    • 11.3 形質の時間的動態
    • 11.4 敵対的関係の動態
    • 11.5 地理的モザイク
    • 11.6 さらに詳しく学ぶには
  • 第12章 種の誕生
    • 12.1 種間交雑による種分化
    • 12.2 系統の分化による種分化
    • 12.3 同所的種分化はあるか
    • 12.4 適応的分化か非適応的分化か
    • 12.5 さらに詳しく学ぶには
  • 第13章 種の絶滅
    • 13.1 希少である理由
    • 13.2 種が希少になったときの絶滅
    • 13.3 絶滅の遺伝的原因
    • 13.4 さらに詳しく学ぶには
  • 第14章 大進化
    • 14.1 大進化の理論
    • 14.2 時間的な傾向
    • 14.3 空間的な傾向
    • 14.4 タクソン間の傾向
    • 14.5 さらに詳しく学ぶには
  • 第15章 マクロ生態学
    • 15.1 体サイズの種数頻度分布の進化
    • 15.2 種数に関する緯度勾配の進化
    • 15.3 さらに詳しく学ぶには
  • 第16章 進化生態学のめざすところ
    • 16.1 生物多様性を理解する
    • 16.2 生態と進化の相互作用
    • 16.3 進化生態学における問いの間の相互作用
    • 16.4 これからの展望