サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

目次

  • ■序章
    • 1 研究の背景
    • 2 Digital Cultural Heritageの課題の考察とそのアプローチ
    • 3 研究手順
    • 4 本研究の総合的な特色と本研究によって得られる成果
  • ■第一章 主要三基盤から捉えるDigital Cultural Heritageの特徴とその役割
    • 1 一章の構成内容
    • 2 文化・歴史の研究・記述と資料の関係
    • 3 人文科学の諸研究における資料基盤の課題
    • 4 現代における「資料存在空間」の概要
    • 5 (Ω)関連資料の概要
    • 6 各資料存在空間における課題
    • 7 文化資源のデジタル化とその特徴
    • 8 資料存在空間におけるデジタル技術
    • 9 「θ:Digital Cultural Heritage」の概要とその課題
    • 10 Digital Cultural Heritageの各特徴と人文科学における諸課題
    • 11 Digital Cultural Heritageの現状
    • 12 現状の課題と今後への取り組み
  • ■第二章 「〈1〉Digital Cultural Heritageの基本モデル」の構築
    • 1 Digital Cultural Heritageの各構成要素と必要な技術・方法論
    • 2 「〈1〉Digital Cultural Heritageの基本モデル」における主要要素と補助要素
    • 3 各技術・手法の設計・構築
  • ■第三章 「〈2〉構築フローモデル」と「〈3〉Digital Cultural Heritageの評価モデル」の構築
    • 1 各技術・手法の設計・構築
    • 2 実際の過程
  • ■第四章 Digital Cultural Heritageの構築Ⅰ
    • 1 全体概要
    • 2 「(1)事前調査:A〜Cと既存のリアル・デジタルメディアの調査」
    • 3 (2)全体設計
    • 4 (3)資料内容情報の取得
    • 5 (4)各「資料存在空間」とリアルメディアの構築
    • 6 (5)Digital Cultural Heritage構築プランニング
    • 7 (5)本番環境の構築
    • 8 (6)実際の行程
  • ■第五章 Digital Cultural Heritageの構築Ⅱ
    • 1 Digital Cultural Heritageの構築
    • 2 実証実験
  • ■第六章 実証実験を踏まえた各モデルの検証と今後の展望
    • 1 まとめ
    • 2 「〈1〉Digital Cultural Heritageの基本モデル」に対する評価
    • 3 総合評価