サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0823-29)

目次

  • 序章 はじめに
    • 1.本書の目的
    • 2.本書の構成と概観
  • 第1部 現代日本語の複文
  • 第1章 複文の分類
    • 1.複文とは何か
    • 2.複文の分類−先行研究
    • 3.複文の分類−本書の立場、目的と構成
  • 第2章 接続辞の範囲と分類
    • 1.用語の解説
    • 2.接続辞の範囲と分類
  • 第2部 論理文
  • 第3章 「論理文」の体系性
    • 1.「論理文」とは
    • 2.「レアリティー」という観点の有用性
    • 3.本章のまとめ
  • 第4章 条件文
    • 1.条件文の意味と範囲
    • 2.仮定的条件文における「ば・なら・と・たら」の使い分け
    • 3.非仮定条件文における「ば・なら・と・たら」の使い分け
    • 4.その他の形式
    • 5.本章のまとめ−条件文と時間的状況文の相互関係
  • 第5章 原因・理由文
    • 1.原因・理由文の3分類
    • 2.「から」と「ので」
    • 3.事態系の原因・理由文
    • 4.判断系の原因・理由文
    • 5.本章のまとめ
  • 第6章 逆条件・逆原因
    • 1.逆条件と逆原因の意味−「のに」と「ても」について
    • 2.「ても」
    • 3.「のに」
    • 4.その他の形式
    • 5.本章のまとめ
  • 第3部 結論
  • 終章 おわりに
    • 1.複文の分類
    • 2.論理文
    • 3.条件文
    • 4.原因・理由文
    • 5.逆条件文・逆原因文
    • 6.結び