サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

目次

  • 第1章 研究の背景、目的、方法
    • 1 研究の背景
    • 2 研究の目的と方法
    • 3 研究のオリジナリティー
  • 第2章 地学野外学習の実施状況と教員の意識および教員の地学の専門性の実態
    • はじめに
    • 1 地学野外学習の実施状況
    • 2 地学野外学習に対する教員の意識
    • 3 教員の地学の専門性の実態
    • 4 学校教育において地学野外学習を実施しない一つの原因
  • 第3章 地学野外学習の類型化〈A型〜D型〉
    • 1 地学野外学習の類型化の必要性
    • 2 学校教育における地学野外学習の類型化
    • 3 地学野外学習の類型に基づく学習指導と評価
    • 4 地学野外学習の各類型に関する先行研究と都心部の自然環境を活かしたD型の教材開発
  • 第4章 都心部の自然環境を活かしたD型の地学野外学習教材の開発
    • Ⅰ 都心部の自然環境を活かした地学野外学習教材の開発の必要性
    • Ⅱ 開発教材Ⅰ 東京の湧水池を活かした地学野外学習
    • はじめに
    • 1 学習地域に見られる湧水と地質
    • 2 湧水を活用した地学野外学習の教材化
    • 3 教員の抱く野外学習実施上の課題への効果
    • Ⅲ 開発教材Ⅱ 東京の都心部の地形を活かした地学野外学習
    • はじめに
    • 1 東京の都心部(港区)に見られる坂道と土地のつくり
    • 2 地学野外学習の事前実態調査
    • 3 教師用指導資料
    • 4 教員の抱く野外学習実施上の課題への効果
    • Ⅳ 都心部における地学野外学習の教材を開発する視点
    • 1 地域の自然環境の特性
    • 2 地学野外学習の教材を開発する視点
  • 第5章 開発教材の授業実践による評価
    • 1 地学野外学習教材を評価する本質
    • 2 開発教材Ⅰの授業実践による教材としての評価
    • 3 地学野外学習教材にみる評価の先行研究と有効な評価方法の検討
    • 4 開発教材Ⅱの授業実践による教材としての評価
    • 5 学習効果をみる評価方法の課題
    • 6 学習効果をみる有効な評価方法
  • 第6章 地学野外学習を実施しない現状
    • 1 教材開発と地学野外学習の実施率の関係
    • 2 小学校・中学校における地層の観察の実施状況
  • 第7章 O型からA型へ、A・B型からC・D型へ高める方策
    • 1 O型からA型へ、A・B型からC・D型への方策
    • 2 学校と博物館などとの連携による学習支援の現状
    • 3 学習支援の方法1と方法2
    • 4 学習支援に対する新たな考え方
  • 第8章 野外学習支援〈Ⅱ型〉の実践と評価
    • 1 Ⅱ−1型の学習支援の実践(事例1)
    • 2 Ⅱ−1型の学習支援の実践(事例2)
    • 3 Ⅱ−2型の学習支援の実践(事例3)
    • 4 Ⅱ−2型の学習支援の実践(事例4)
  • 第9章 野外学習支援の類型化による効果・課題・対応策
    • 1 学習支援の類型化に基づいた比較
    • 2 学習支援の類型化の特性
    • 3 新たな社会的支援体制の構築
  • 第10章 O型、O’型から野外学習を実施する型へ高めるさらなる方策
    • はじめに
    • 1 地学野外学習を実施している学校と実施していない学校との比較による課題の検討
    • 2 O型、O’型から地学野外学習を実施する型へ高めるためのさらなる方策
  • 第11章 地学野外学習の実施率を高めるための学校教育の在り方
    • 1 学校教育における地学野外学習の実施率を高めるための方策と実施者
    • 2 学校教育における地学野外学習の推進を図るための提言
    • 3 学校教育における地学野外学習の推進を図る対応策の関連図の作成
    • 4 地学野外学習の実施による理科好きを増やす効果
  • 結論