サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

ブックオフ宅本便ページ修正

目次

  • 序章 本論の課題
    • 一、問題の所在
    • 二、本論の課題と本書の構成
  • 第1章 近世の「神職論」
    • 一、近世の神社神職による「神職論」
    • 二、白川家・吉田家における「巫」と「神職」
    • 三、淫祀論にみられる「神職観」
    • 四、岡熊臣『神職歴運考』にみられる「神職論」
  • 第2章 神祇祭祀のなかの「巫」
    • 一、御巫清直の「御巫論」
    • 二、宮中神祇官の「御巫」
    • 三、宮中の御巫
    • 四、神祇祭祀における「巫」と祭る神々
  • 第3章 神祇祭祀における女性の働き
    • 一、神座から考える「御巫」の祭祀
    • 二、大嘗祭の「造酒児」と神宮の「物忌」
    • 三、大嘗祭における女性の働き
    • 四、内侍所の女官「内侍」の働き
    • 五、古代神祇官の「御巫」
  • 第4章 明治神祇行政における女性神職
    • 一、近代における神祇官の再興
    • 二、明治神祇官の祭祀復興
    • 三、近代の「御巫」と「内掌典」
    • 四、「婦人祠官」の登用をめぐって
  • 終章 近代神職の誕生
    • 一、近代以前の神職
    • 二、女性神職にかかわる近代の変革
    • 三、変革の目的
    • 四、明治後年の婦人神職任用論