サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

目次

心理学基礎実習マニュアル

心理学基礎実習マニュアル

  • 宮谷 真人(代表編集)/ 坂田 省吾(代表編集)
  • 第1部 入門
  • 第1章 心理学実験の基礎
    • 1 実験的研究法の特徴
    • 2 実験的研究の進め方
    • 3 心理学における測定
    • 4 独立変数
    • 5 従属変数
    • 6 剰余変数
    • 7 実験計画の種類
    • 8 結果の処理と推測統計
    • 9 実験的研究の評価
    • 10 実験実習の実施にあたって
  • 第2章 実験入門−ミュラー・リェル錯視−
    • 1 幾何学的錯視について
    • 2 独立変数について考える−要因計画の考え方−
    • 3 従属変数について考える−精神物理学的測定法−
    • 4 測定の信頼性と妥当性
    • 5 剰余変数の統制
    • 6 実験の実施(方法)
    • 7 結果の整理と考察の観点
    • 8 ミュラー・リェル錯視のレポート作成における注意点
  • 第3章 論文・レポートの書き方
    • 1 書くことの意義
    • 2 標準的な構成
    • 3 文献の引用
    • 4 表と図
    • 5 提出前のチェック
  • 第4章 心理社会調査法の基礎
    • 1 心理社会調査法の概要
    • 2 誰に調査を実施するか−調査対象者の選定−
    • 3 どのように調査を実施するか−調査方法の選択−
    • 4 質問紙の作成
    • 5 心理社会調査法における諸問題
  • 第5章 心理検資法の基礎
    • 1 心理検査とは
    • 2 心理検査法の種類
    • 3 心理検査を実施する際の注意
    • 4 テスト・バッテリー
    • 5 心理検査をめぐる問題−信頼性,妥当性,標準化−
  • 第2部 実習
  • Ⅰ 実験法
    • 1 大きさの恒常性−精神物理学的測定法1−
    • 2 皮膚感覚・2点閾−精神物理学的測定法2−
    • 3 ニューメラスネスの知覚−マグニチュード推定法−
    • 4 顔の再認−信号検出理論−
    • 5 訓練の転移
    • 6 要求水準
    • 7 系列位置効果
    • 8 ストループ効果
    • 9 問題解決の過程
    • 10 幼児の行動観察
    • 11 注意の瞬き
    • 12 意味記憶
    • 13 心的回転
    • 14 囚人のジレンマ
    • 15 社会的促進
    • 16 対人知覚
    • 17 不安とストレス
    • 18 虚偽検出
    • 19 覚醒水準と脳波
    • 20 事象関連電位の測定
    • 21 オペラント行動の形成
  • Ⅱ 調査法
    • 1 尺度構成1−リッカート法−
    • 2 尺度構成2−一対比較法−
    • 3 SD法によるイメージの測定
    • 4 日誌法
  • Ⅲ 検査法
    • 1 パーソナリティの測定−NEO−PI−R−
    • 2 感情の測定−BDI−
    • 3 作業検査−内田クレペリン精神検査−
    • 4 投影法検査−P−Fスタディ−
    • 5 知能検査−京大NX知能検査とWAIS−Ⅲ−
    • 6 神経心理学的検査−WCST−
  • Ⅳ 研究法ミニ知識
    • 1 研究の倫理
    • 2 文献の探し方
    • 3 実験で用いる刺激
    • 4 実験支援ソフトウェア
    • 5 統計ソフトウェア
    • 6 引用文献の書式