サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

目次

放送論

放送論

  • 島崎 哲彦(編著)/ 池田 正之(編著)/ 米倉 律(編著)
  • 第Ⅰ章 放送メディアの特性と社会的機能
    • 1.映像・音声メディア,文字メディアの特性と受け手の受容
    • 2.マス・コミュニケーションにおけるテレビの機能
    • 3.受け手のテレビの機能評価
    • 4.多メディア時代のテレビの社会的機能
  • 第Ⅱ章 放送史
    • 1.放送前史
    • 2.国内におけるラジオ放送の成立と発展
    • 3.国内におけるテレビ放送の成立とその全国的普及
    • 4.多メディア化する放送
    • 5.おわりに
  • 第Ⅲ章 放送の産業構造とその変容
    • 1.テレビジョン放送の種類と現況
    • 2.地上波の全国放送と番組ネットワーク
    • 3.マスコミ独占体制と放送
    • 4.地上波放送の番組制作と下請け構造
    • 5.衛星放送の産業構造
    • 6.放送と通信の融合
    • 7.放送産業の構造変化と諸問題
  • 第Ⅳ章 放送の法制度
    • 1.はじめに
    • 2.法制度における放送の意味
    • 3.放送法の構造と併存体制
    • 4.免許制
    • 5.番組編集準則
    • 6.受託・委託放送制度
    • 7.マス・メディア集中排除原則
    • 8.おわりに
  • 第Ⅴ章 放送ジャーナリズムの発展と問題点
    • 1.はじめに
    • 2.放送ジャーナリズムの特性
    • 3.放送ジャーナリズムの発展
    • 4.ドキュメンタリー番組
    • 5.放送ジャーナリズムの問題点
    • 6.おわりに
  • 第Ⅵ章 娯楽番組について考える
    • 1.娯楽番組を考える前提
    • 2.娯楽番組とは何を指すの
    • 3.娯楽番組の変遷を追う
    • 4.娯楽番組の変化と「世界」の変容
  • 第Ⅶ章 広告媒体・宣伝媒体としての「放送」
    • 1.メディア産業の基盤としての広告
    • 2.放送広告の効果と特徴
    • 3.放送広告とエンターテインメント産業
    • 4.TVCF・広告研究の潮流
    • 5.今後の放送広告
    • 6.まとめ
  • 第Ⅷ章 公共放送の役割
    • 1.公共放送の要件
    • 2.NHKの受信料制度
    • 3.BBCにみる政権との距離
    • 4.公共放送の役割
    • 5.おわりに
  • 第Ⅸ章 地域メディアとしての放送
    • 1. 地上波ローカル局の社会的機能
    • 2. 地上波ローカル局の現況
    • 3.地上波ローカル局の行方
    • 4.CATVの歴史と社会的機能
    • 5.CATVの現状204
    • 6.CATVとデジタル化
    • 7.地域情報チャンネルの行方とコミュニティ形成機能
  • 第Ⅹ章 番組制作と放送倫理
    • 1.はじめに
    • 2.BRO設立の経緯
    • 3.「メデイァ・スクラム」による人権侵害
    • 4.番組制作と放送倫理
    • 5.情報バラエティ番組の落とし穴
    • 6.おわりに
  • 第ⅩⅠ章 放送と市民
    • 1.放送は誰のものか
    • 2.民主主義とマス・メディア
    • 3.「アクセス権」論の展開
    • 4.放送と市民を繫ぐ実践
    • 5.新しい民主主義論と放送
  • 第ⅩⅡ章 海外の放送事情
    • 1.世界の放送の多様性
    • 2.自由競争主義モデル−アメリカ
    • 3.家父長主義モデル−ヨーロッパ
    • 4.独裁主義モデル−アジア
    • 5.放送界における世界的な変化
    • 6.商業主義化と情報格差の進行
  • 第ⅩⅢ章 放送の課題と展望
    • 1.はじめに
    • 2.放送デジタル化と経済格差,地域格差
    • 3.放送と通信の融合
    • 4.多メディア・多チャンネル時代の放送ジャーナリズム
    • 5.放送の国際化
    • 6.おわりに