サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

目次

  • 序章 近世社会形成史研究の課題
    • 第一節 「近世化」と時代区分論
    • 第二節 社会の団体化の進展過程
    • 第三節 本書の課題
    • 第四節 本書の構成
  • 第一部 自力救済と領域秩序
  • 総論 中世史における戦争と平和
    • 第一節 村落フェーデの発見
    • 第二節 村落フェーデと中世社会
    • 第三節 村落フェーデ抑止の動向と当知行安堵
  • 補論一 田中克行著『中世の惣村と文書』をめぐって
    • 第一節 同書の内容
    • 第二節 到達点と課題
  • 第一章 中・近世移行期の村落フェーデと平和
    • 第一節 村の領域知行とフェーデ
    • 第二節 訴訟と和解
    • 第三節 逸脱する実力行使
    • 第四節 「公権的平和」と村落フェーデ
  • 第二章 戦国大名領境目地域における城と村落
    • 第一節 境目としての豊福領地域
    • 第二節 境目の城・領主と領土紛争
    • 第三節 境目地域の村々
  • 第三章 領域秩序の形成と国郡制
    • 第一節 中世における山相論と国郡境
    • 第二節 中世的当知行主義と領域秩序
    • 第三節 移行期の領域確定政策
  • 第四章 近世初期の村落間相論と領域秩序
    • 第一節 貞享四年における山相論の発生
    • 第二節 「論所」の生成と国絵図
    • 第三節 貞享相論の解決過程
  • 第二部 民衆運動と兵農分離
  • 総論 中世後期における平和の負担
    • 第一節 領国における公事と荘園制・村落
    • 第二節 地域防衛と領国支配の展開
    • 第三節 両属地帯の形成−戦国期の「半済」「半手」
  • 第五章 村の武力動員と陣夫役
    • 第一節 村の武力動員の背景と制約
    • 第二節 領国における陣夫役動員の実態
  • 第六章 境目の歴史的性格と大名権力
    • 第一節 「境目」と「御国静謐」
    • 第二節 境目の一般状況
    • 第三節 境目の両属性と半手の本質
    • 第四節 境目仕置と戦国大名権力
  • 第七章 戦国期北部九州における領国支配と村共同体
    • 第一節 同心する百姓中と領域支配
    • 第二節 大名権力と百姓中
  • 第八章 兵農分離と侵略動員
    • 第一節 兵農分離とは何か
    • 第二節 「農の成熟」と百姓陣夫役
    • 第三節 在村給人と武家奉公人
    • 第四節 豊臣政権の村落・奉公人政策
    • 第五節 朝鮮侵略動員と給人・武家奉公人・百姓
    • 第六節 侵略のあとに−むすびにかえて
  • 補論二 中世民衆運動から百姓一揆へ
    • 第一節 兵農分離と百姓一揆
    • 第二節 社会的規律化と共同体主義
    • 第三節 中世民衆運動から百姓一揆への架橋
  • 終章 日本中世・近世史研究における「地域社会論」の射程
    • 第一節 「地域社会論」の展開
    • 第二節 熊本藩における地域行政とその担い手
    • 第三節 藩制下の手永から近代地域社会へ
    • 第四節 「地域社会論」の射程