サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

目次

コア講義生化学

コア講義生化学

  • 田村 隆明(著)
  • 1 生化学の基礎
    • 1・1 化学の基礎
    • 1・2 化学反応
    • 1・3 生体物質
    • 1・4 細胞
  • 2 糖質
    • 2・1 糖質の化学
    • 2・2 単糖
    • 2・3 オリゴ糖
    • 2・4 多糖
    • 2・5 複合糖質
  • 3 脂質と細胞膜
    • 3・1 脂質とは
    • 3・2 脂肪酸
    • 3・3 単純脂質
    • 3・4 複合脂質
    • 3・5 その他の脂質
    • 3・6 結合脂質とリポタンパク質
    • 3・7 細胞膜の構造
    • 3・8 細胞膜で見られる物質移動
  • 4 アミノ酸とタンパク質
    • 4・1 アミノ酸とは
    • 4・2 アミノ酸の物理化学的性質
    • 4・3 ペプチド/タンパク質の形成
    • 4・4 タンパク質の高次構造
    • 4・5 タンパク質の種類と機能
    • 4・6 タンパク質の分解
    • 4・7 タンパク質やアミノ酸がかかわる化学反応
  • 5 核酸と遺伝子
    • 5・1 核酸の成分:ヌクレオチド
    • 5・2 DNA鎖の構造
    • 5・3 核酸の性質
    • 5・4 酵素によるDNA合成
    • 5・5 細胞内で起こるDNA合成:複製
    • 5・6 クロマチンと染色体
    • 5・7 核酸の切断や分解
  • 6 生体化学反応の触媒:酵素
    • 6・1 酵素の基本的性質
    • 6・2 酵素の種類と作用様式
    • 6・3 酵素活性の必須因子
    • 6・4 酵素反応の理論
    • 6・5 生体における酵素活性の調節
    • 〈発展学習〉ビタミンと補酵素
  • 7 糖質の代謝
    • 7・1 グルコース異化の基本:解糖系
    • 7・2 グリコーゲンの合成と分解
    • 7・3 クエン酸回路
    • 7・4 糖新生
    • 7・5 ペントースリン酸回路
    • 7・6 その他の糖代謝
  • 8 脂質の代謝
    • 8・1 脂肪酸の分解
    • 8・2 脂肪酸の生合成
    • 8・3 トリグリセリドとリン脂質共通の前駆体:ホスファチジン酸の合成
    • 8・4 リン脂質代謝
    • 8・5 ステロイドの生合成
  • 9 窒素化合物の代謝
    • 9・1 窒素同化と窒素固定
    • 9・2 アミノ酸代謝
    • 9・3 ヌクレオチドの代謝
    • 9・4 ヘムとクロロフィルの代謝
  • 10 エネルギーを取り出す:ATPの合成
    • 10・1 生体内酸化還元
    • 10・2 エネルギー通貨:ATP
    • 10・3 ミトコンドリアと好気呼吸
  • 11 光合成
    • 11・1 独立栄養と従属栄養
    • 11・2 光合成
    • 11・3 光合成における明反応
    • 11・4 光合成における糖代謝
    • 11・5 C3植物とC4植物
    • 11・6 光合成原核生物
  • 12 遺伝情報の取り出し
    • 12・1 遺伝子発現の流れ
    • 12・2 RNA合成反応
    • 12・3 転写の調節:オペロンを例に
    • 12・4 真核生物の遺伝子発現とRNAの成熟
    • 〈発展学習〉遺伝子組換え操作
  • 13 タンパク質の合成
    • 13・1 翻訳
    • 13・2 遺伝暗号
    • 13・3 アミノアシルtRNA
    • 13・4 翻訳機構
    • 13・5 タンパク質の成熟と輸送
    • 〈発展学習〉タンパク質の分離と精製
  • 14 生理化学:神経,筋肉,ホルモン作用
    • 14・1 神経系における情報伝達
    • 14・2 筋肉の働き
    • 14・3 ホルモンや調節因子の作用が細胞に伝わる機構