サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

目次

品質工学概論

品質工学概論

  • 矢野 宏(著)
  • 第1章 品質工学の構成
    • 1.1 品質工学の発祥
    • 1.2 品質工学の構成要素
    • 1.3 システムとしての働きを考える品質工学
    • 1.4 品質工学の考え方をめぐって
  • 第2章 品質工学成立の背景
    • 2.1 日本の技術開発の歴史
    • 2.2 田口実験計画法の展開
    • 2.3 実験計画法から品質工学への発展
  • 第3章 SN比の発明−評価方法の設計
    • 3.1 2乗和の分解と最適条件
    • 3.2 SN比の定量化
    • 3.3 技術の働きのSN比による表現
    • 3.4 基本機能による表現
  • 第4章 SN比の正しさの確認−直交表
    • 4.1 交互作用の現象
    • 4.2 交互作用の意味
    • 4.3 直交表L18の利用
    • 4.4 工作機械の切削条件の例
  • 第5章 社会損失の評価−損失関数
    • 5.1 特性値と品質による損失
    • 5.2 損失関数による損失の定量化
    • 5.3 規格値の決め方
  • 第6章 計測技術におけるSN比の役割
    • 6.1 計測器の校正の規格
    • 6.2 計測器の誤差の評価
    • 6.3 信号の水準を比率で作るSN比−食品の菌の培養の場合
    • 6.4 プラスチックの寸法測定のSN比−標準値の推定方法
  • 第7章 実験による設計技術の開発
    • 7.1 設計システムの考え方
    • 7.2 システム選択
    • 7.3 実験におけるパラメータ設計の考え方
    • 7.4 電圧と電流の関係の利用
    • 7.5 荷重と変形量の関係の利用
    • 7.6 電気量の利用
    • 7.7 回転する働きの評価
    • 7.8 化学反応の評価方法
    • 7.9 基本的な働きの発想のもと−転写性
    • 7.10 官能検査におけるSN比の考え方
    • 7.11 率のデータのSN比の表し方
  • 第8章 設計技術への応用
    • 8.1 標準SN比の成立
    • 8.2 シミュレーションによるパラメータ設計
    • 8.3 電子回路のシミュレーションのパラメータ設計の例
    • 8.4 許容差設計の方法
    • 8.5 取引きにおける機能性の評価
  • 第9章 パターン認識の方法
    • 9.1 品質工学におけるパターン認識
    • 9.2 MTシステムの考え方
    • 9.3 病気の診断におけるMTシステム−予測としきい値の決め方
    • 9.4 火災報知器のMTシステム−項目選択と診断
    • 9.5 足浴用漢方入浴剤の開発−パラメータ設計への応用
    • 9.6 MTシステムのSN比(1)−T法(1)と(2)
    • 9.7 MTシステムのSN比(2)−RT法
  • 第10章 製造工程条件の設計−オンライン品質工学
    • 10.1 製造工程条件の設計の課題
    • 10.2 フィードバック制御による調整
    • 10.3 工程の診断
    • 10.4 検査の課題
    • 10.5 不可抗力な事柄への対応
  • 第11章 データの不完全さへの対応
    • 11.1 設計における使いやすさの評価(バグチェック)
    • 11.2 データが十分に求められない場合(1)−不完全データが少ない場合
    • 11.3 データが十分に求められない場合(2)−不完全データが多い場合
    • 11.4 判定能力の評価
  • 第12章 技術開発の課題
    • 12.1 科学と技術の関わり
    • 12.2 技術と技術者の位置付け
    • 12.3 技術開発における品質工学
    • 12.4 システム開発と品質工学