サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

目次

  • 序章
    • 1.本書の意図
    • 2.実行可能な対処法と本書の焦点
    • 3.基本概念の整理
    • 4.本書の構成
    • 5.各章の概要
  • 第Ⅰ部 コミューター・マリッジを選ぶ
  • 第1章 コミューター・マリッジとは何か
    • 1.コミューター・マリッジの定義および実態調査に向けての要件
    • 2.コミューター・マリッジ研究の意義
  • 第2章 コミューター・マリッジ開始の経緯
    • 1.本章の目的
    • 2.研究方法
    • 3.コミューター・マリッジ開始の契機
    • 4.コミューター・マリッジ選択の理由
    • 5.まとめと考察
  • 第3章 コミューター・マリッジでの暮らし
    • 1.別居の経験回数,期間,居住地,子どもとの同居者
    • 2.妻の家庭生活
    • 3.妻の職場生活
    • 4.夫の生活
    • 5.家計の管理
    • 6.夫婦間のコミュニケーション
    • 7.親子関係
    • 8.危機的状況
    • 9.当事者による評価
    • 10.調査の印象と今後の課題
  • 第Ⅱ部 既婚女性のキャリア形成に学ぶライフデザイン
  • 第4章 転勤と女性
    • 1.本章の目的
    • 2.使用主資料の概要
    • 3.女性にとっての転勤問題の所在
    • 4.有職未婚女性における自分自身の転勤問題
    • 5.無職既婚女性における夫の転勤に対する問題
    • 6.有職既婚女性における二重の転勤問題
    • 7.転勤の将来
  • 第5章 「セルフ・エンプロイド」女性たちの素顔
    • 1.本章の目的と語の定義
    • 2.本研究の意義
    • 3.調査の概要
    • 4.調査結果の要約
    • 5.考察と提言
  • 第6章 キャリアもパートナーも
    • 1.本章の目的と使用主資料
    • 2.専門職・管理職既婚女性のキャリア形成
    • 3.「セルフ・エンプロイド」既婚女性のキャリア形成
    • 4.結婚/家庭と両立するキャリア形成
    • 5.自分らしく生きるために
  • 第Ⅲ部 夫の海外転勤に同行する
  • 第7章 夫の海外転勤に同行した妻の生活と意識
    • 1.先行研究の概要
    • 2.クアラルンプールでの面接調査
    • 3.調査結果をめぐる議論
  • 第8章 北京駐在員の妻の生活と意識(1)−質問票調査に基づいて−
    • 1.本章の目的と研究方法
    • 2.質問票調査の実施
    • 3.調査結果と考察
    • 4.面接調査の課題
  • 第9章 北京駐在員の妻の生活と意識(2)−面接調査に基づいて−
    • 1.本章の目的と面接調査の実施
    • 2.調査結果と考察
    • 3.要約
  • 第10章 国内転勤の場合との比較
    • 1.本章の目的と使用主資料の概要
    • 2.回答者(妻)の基本属性
    • 3.転勤者(夫)の基本属性
    • 4.対転勤者措置の概況
    • 5.派遣元企業による対配偶者事前研修の有無
    • 6.同行決意に至る経緯
    • 7.同行前後における回答者の有業率と就労形態
    • 8.家族関係の変化
    • 9.回答者の意識
    • 10.本章の要約と今後の課題
  • 第Ⅳ部 夫の帰任で日本に戻る
  • 第11章 海外帰任者の妻におけるキャリアの繫ぎ方
    • 1.先行研究の整理と本章の目的
    • 2.質問票調査と対象者の要件
    • 3.回答者の基本属性
    • 4.夫の派遣元企業の措置概況
    • 5.婚前から帰国後までの4時点における就業状況
    • 6.就業状況の推移
    • 7.職の有無歴
    • 8.本章の要約と次章の課題
  • 第12章 海外帰任者の妻のキャリア意識−就業経歴を手がかりとして−
    • 1.本章の目的
    • 2.研究方法
    • 3.質問票調査データの再分析
    • 4.聞き取り調査の実施と分析
    • 5.要約と考察
  • 第13章 帰国後就業を促す要因
    • 1.本章の目的と研究方法
    • 2.有職者と無職者の基本属性比較
    • 3.有職者における現職の内容と就業の動機・経緯
    • 4.要約と今後の課題
  • 第Ⅴ部 日本企業の内外転勤施策−概況と展望−
  • 第14章 「女性支援企業」12社の転勤措置状況
    • 1.本章の目的
    • 2.研究方法
    • 3.対象全社における人事管理の共通傾向
    • 4.女性活用の共通傾向と人事管理における今後の課題
    • 5.各社における異動/転勤措置と社員の対応状況
    • 6.考察
    • 7.まとめ
  • 第15章 北京駐在員の妻から見た日本企業の海外派遣施策
    • 1.本章の目的
    • 2.研究方法
    • 3.派遣勤務者の基本属性と勤務状況
    • 4.派遣勤務に関する諸規定
    • 5.海外勤務に対する派遣者自身の希望の有無
    • 6.派遣による職位変化
    • 7.配偶者の事前現地見学制度
    • 8.配偶者向け事前研修
    • 9.一時帰国・家族呼び寄せ制度
    • 10.現地生活支援措置
    • 11.対家族措置と配偶者の生活満足度との関連
    • 12.まとめ
  • 第16章 「両立支援」企業5社の転勤関連制度と運用実績
    • 1.本章の目的
    • 2.研究方法
    • 3.調査結果
    • 4.考察
  • 第17章 実効ある新転勤施策の設計
    • 1.本章の目的
    • 2.研究方法
    • 3.「両立支援」企業における新転勤施策の展開状況
    • 4.L.ベイリン著(1993年)の読み解き
    • 5.まとめと提言
  • 終章
    • 1.各部の要点
    • 2.各章の要旨
    • 3.未来への展望