サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

目次

ケースブック心理臨床の倫理と法

ケースブック心理臨床の倫理と法 (静岡大学人文学部研究叢書)

  • 松田 純(編集)/ 江口 昌克(編集)/ 正木 祐史(編集)
  • Ⅰ 総論
    • 1.倫理とはなにか?
    • 2.倫理学と倫理理論
    • 3.必要な倫理原則
    • 4.生物医学倫理の四原則
    • 5.クライアントとの関係における四つの規則
    • 6.倫理的葛藤(モラルディレンマ)と意思決定のプロセス
    • 7.このテクストの使い方
  • Ⅱ ケースの紹介と倫理的・法的問題のポイント
  • Ⅲ ケーススタディ編
    • 守秘とその限界
    • ケース1 母親へのカルテ開示と説明責任
    • ケース2 スクールカウンセラーの守秘義務と学校との連携
    • ケース3 性的虐待
    • ケース4 企業内カウンセラーのディレンマ
    • ケース5 性犯罪被害者への支援
    • ケース6 そう状態でクライアントが逮捕される
    • ケース7 覚せい剤の使用が疑われる場合
    • 多重関係
    • ケース8 クライアントとの恋愛関係
    • 価値観と自己決定
    • ケース9 終末期の心理臨床
    • ケース10 羊水検査を受けるかどうか
    • 研究倫理
    • ケース11 事例発表・出版についての承諾
  • Ⅳ 資料編

心理学 ランキング

心理学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む