サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

目次

  • 第1章 経済のグローバル化−生成,発展,そして今後の課題−
    • はじめに
    • 1.経済のグローバル化とは何か
    • 2.経済のグローバル化の推移
    • 3.経済のグローバル化の課題
    • おわりに
  • 第Ⅰ部 米国・中国編
  • 第2章 米国通商政策の形成メカニズム
    • はじめに
    • 1.通商政策の決定・実施機関と影響要因
    • 2.共和党・レーガン大統領と民主党・クリントン大統領の通商政策
    • 3.選挙と通商政策
    • おわりに
  • 第3章 1990年代の米国の対中通商政策と中国の対応
    • はじめに
    • 1.米中通商関係の現状
    • 2.米国の対中通商政策
    • 3.中国の対応
    • おわりに
  • 第4章 米中貿易摩擦と今後の行方
    • はじめに
    • 1.米中貿易関係の進展
    • 2.米国の対中貿易摩擦
    • 3.米中貿易摩擦の可能性
    • おわりに:摩擦の行方
  • 第Ⅱ部 中国・日本編
  • 第5章 内圧・外圧からみた中国の市場開放−1990年代を中心にして−
    • はじめに
    • 1.中国の開放政策の経緯
    • 2.市場開放の促進要因
    • 3.市場開放の制約要因
    • 4.自国主導の市場開放
    • 5.課題・問題点:市場開放のスピード
  • 第6章 中国のWTO加盟の推移とその後の進展
    • はじめに
    • 1.中国のガット加盟交渉の推移(第2,3期)
    • 2.中国のWTO加盟条件(第4期)
    • 3.中国のWTO加盟交渉の積極化−積極的開放(第4期)
    • 4.WTO加盟慎重期と加盟実現(第5期)
    • 5.積極化するFTAの展開
  • 第7章 日本のFTA交渉の対応と課題−農業と外国人労働力の受入れを中心として−
    • はじめに
    • 1.日本のFTA交渉への対応
    • 2.FTA交渉と農業
    • 3.FTA交渉と外国人労働力の受入れ
    • 4.今後の日本の視点
  • 第Ⅲ部 英語論文編
  • 第8章 Japanese Foreign Capital Policy and the Surge of Japan’s Inward FDI in the 1990s
    • 1.Recent Trends in FDI in Japan
    • 2.Japanese Foreign Capital Policy:From Regulation to Attraction
    • 3.The Need to Attract FDI in Japan
    • 4.Factors in the Increase in Foreign Capital
    • 5.Conclusions
  • 第9章 Northeast Asian Economic Cooperation and Japan
    • Introduction
    • 1.The Large Potential for Development
    • 2.Concerns Regarding the Plan
    • 3.Japan’s Role and the Present Economy
    • 4.Expectations toward South Korea and China
    • Conclusion
  • 第10章 FDI and Sustainable Development
    • Introduction
    • 1.FDI and Development Strategy in Developing Countries
    • 2.Difficulties of Sustainable Development
    • 3.Developing Countries and Sustainable Development
    • 4.To Promote Sustainable‐oriented FDI
    • Conclusion