サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

構造設計のプロ入門 鉄骨造建築編

構造設計のプロ入門 鉄骨造建築編 (BCJ BOOKS)

  • 青木 博文(編・著)/ 細澤 治(著)/ 成原 弘之(著)
  • 第1章 鉄骨構造の特長と構造形態
    • 1−1 鉄骨構造を選択する
    • 1−2 鉄骨構造の架構形式
    • 1−3 自然界における構造形態
    • 1−4 構造形態の分類
    • 1−5 形態創生
  • 第2章 建築鉄骨の構造設計における基本
    • 2−1 構造計算と構造設計は逆のプロセス
    • 2−2 荷重および構造耐力のばらつきを考慮する
    • 2−3 構造性能の限界状態
    • 2−4 耐震設計で考えること
    • 2−5 耐風設計で考えること
    • 2−6 耐雪設計で考えること
    • 2−7 疲労および温度応力
    • 2−8 振動に関する居住性能
    • 2−9 建築物の性能設計
  • 第3章 部材の性能と構造区分
    • 3−1 部材の性能を限界づける状態
    • 3−2 降伏モーメントと全塑性モーメント
    • 3−3 局部座屈と塑性変形能力
    • 3−4 曲げ座屈による圧縮耐力
    • 3−5 横座屈による曲げ耐力
    • 3−6 筋かい材の設計
    • 3−7 圧縮材の設計
    • 3−8 梁の設計
    • 3−9 柱の設計
    • 3−10 骨組の構造区分
  • 第4章 接合部の性能
    • 4−1 鉄骨構造の接合部
    • 4−2 溶接継目
    • 4−3 高力ボルト接合
    • 4−4 ボルト接合
    • 4−5 部材の継手および仕口
    • 4−6 接合部パネルのせん断変形
    • 4−7 梁端溶接接合部の脆性的破断防止設計
    • 4−8 柱脚
  • 第5章 耐震設計法
    • 5−1 建物の規模で区分される構造方法
    • 5−2 鉄骨構造に関連した技術的規準
    • 5−3 保有水平耐力計算
    • 5−4 限界耐力計算
    • 5−5 時刻歴応答解析
    • 5−6 エネルギーの釣合いに基づく耐震計算法
    • 5−7 免震構造
    • 5−8 制振構造
  • 第6章 鉄骨構造の種別
    • 6−1 一般事務所建築
    • 6−2 超高層建築
    • 6−3 倉庫,工場およびショッピングセンター
    • 6−4 大空間構造
    • 6−5 軽量構造
    • 6−6 新しい鋼構造
  • 付録1 構造用鋼材
    • A1−1 指定建築材料
    • A1−2 許容応力度および材料強度の基準強度F
    • A1−3 建築構造用鋼材(SN材)
    • A1−4 TMCP鋼
    • A1−5 STKR鋼材と冷間成形角形鋼管
    • A1−6 建築構造用高性能鋼管
    • A1−7 特殊な性能を有する鋼材
    • A1−8 構造用鋼材の形状と寸法
  • 付録2 鉄骨の製作
    • A2−1 溶接部の強度・靱性確保と品質保証
    • A2−2 鉄骨製作工場のランク(S,H,M,R,J)
    • A2−3 鉄骨製作の品質管理体制
    • A2−4 鉄骨製作の流れ
  • 付録3 基本事項の解説
    • A3−1 荷重係数・耐力係数設計法
    • A3−2 質点系振動モデルと応答スペクトル
    • A3−3 多質点系振動モデルの固有周期とモードマトリクス
    • A3−4 多質点系振動モデルの地震応答
    • A3−5 地震のマグニチュードと震度
    • A3−6 鋼材の降伏比と構造骨組の塑性変形能力
    • A3−7 鋼材の性能に及ぼす化学成分の影響
    • A3−8 鋼材の溶接性と化学成分(炭素当量と溶接割れ感受性組成)
    • A3−9 鋼材の靱性と破壊