サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

歴史学と社会理論 第2版

歴史学と社会理論 第2版

  • ピーター・バーク(著)/ 佐藤 公彦(訳)
  • 第一章 理論家と歴史家
    • 耳の悪い者同士の対話
    • 歴史学と社会学の分化
    • 過去の無視
    • 社会史の興起
    • 理論と歴史の収斂
  • 第二章 モデルと方法
    • 比較
    • モデルと類型
    • 数量的方法
    • 社会的顕微鏡
  • 第三章 中心的な諸概念
    • 役割とパフォーマンス
    • 性とジェンダー
    • 家族と親族
    • コミュニティとアイデンティティ
    • 階級と身分
    • 社会的移動性Social Mobilityと社会的区別Social Distinction
    • 消費と交換
    • 文化的・社会的資本
    • パトロン・クライアント・腐敗
    • 権力と政治文化
    • 市民社会と公共領域
    • 中心と周縁
    • ヘゲモニーとレジスタンス
    • 社会的抵抗と社会運動
    • 心性、イデオロギー、ディスコース
    • コミュニケーションと受容
    • ポストコロニアリズムと文化的雑種性 Cultural Hybridity
    • 口承Oralityと書字Textuality
    • 神話と記憶
  • 第四章 中心的な諸問題
    • 合理性か相対主義か
    • 一致か対立か Consensus versus Conflict
    • 事実かフィクションか
    • 構造か行為者か
  • 第五章 社会理論と社会変化
    • スペンサーのモデル
    • マルクスのモデル
    • 第三の途は?
  • 第六章 ポストモダニティとポストモダニズム
    • 非固定化 Destabilization
    • 脱中心化 Decentring
    • 結論として