サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

目次

心理統計学ワークブック 理解の確認と深化のために

心理統計学ワークブック 理解の確認と深化のために

  • 南風原 朝和(著)/ 平井 洋子(著)/ 杉澤 武俊(著)
  • 第1章 心理学研究と統計
    • 問題
    • 1 心理学研究の流れ
    • 2 仮説の正しさと得られる結果
    • 3 仮説通りの結果が得られない原因
    • 4 心理学研究のアプローチ法
    • 5 時間的観点による調査研究の分類
    • 6 測定の定義
    • 7 データの図示
    • 8 母集団とサンプル
    • 9 記述的指標
    • 解答と解説
    • トピック
    • 1−1 データの視覚的表示の工夫
    • 1−2 統計的方法の間の関連
  • 第2章 分布の記述的指標とその性質
    • 問題
    • 1 記述的指標の位置づけ
    • 2 平均と中央値の性質
    • 3 極端な値に関連する用語
    • 4 外れ値
    • 5 数式による散布度の定義
    • 6 分散と標準偏差の性質
    • 7 線形変換後の記述的指標(1)
    • 8 線形変換後の記述的指標(2)
    • 9 線形変換と尺度体系
    • 10 2種類の平均偏差の大小
    • 11 合成変数と集団の合併に関する公式
    • 12 集団を合併したときの記述的指標
    • 13 標準化と標準得点
    • 14 標準化の応用
    • 解答と解説
    • トピック
    • 2−1 対数間隔尺度
    • 2−2 平均と中央値の性質の確認
  • 第3章 相関関係の把握と回帰分析
    • 問題
    • 1 散布図と相関関係の指標
    • 2 2変数間の関連に関する統計量
    • 3 共分散の性質
    • 4 変数の変換と共分散
    • 5 共分散の最大値
    • 6 共分散と相関係数の関係
    • 7 相関係数の性質
    • 8 合成変数の分散,共分散,相関係数
    • 9 条件付きという考え方
    • 10 最小2乗法による推定
    • 11 回帰分析の用語
    • 12 回帰分析の実際(1)
    • 13 回帰分析の実際(2)
    • 14 回帰分析の実際(3)
    • 15 回帰分析の性質(1)
    • 16 回帰分析の性質(2)
    • 17 残差の意味
    • 18 選抜効果
    • 19 平均への回帰
    • 20 変数の目盛りと相関係数
    • 21 得点変化の解釈
    • 22 研究のタイプと変数間の関連性
    • 23 相関関係と共変関係
    • 24 因果関係の主張
    • 25 測定の質をあらわす用語
    • 26 妥当性の証拠
    • 27 信頼性の求めかた
    • 28 信頼性と真値モデル
    • 29 妥当性と信頼性の性質
    • 30 相関の希薄化
    • 解答と解説
    • トピック
    • 3−1 最小2乗法を使わずに回帰直線を求める
    • 3−2 テストのα係数を導く
  • 第4章 確率モデルと標本分布
    • 問題
    • 1 統計的推測の用語(1)
    • 2 サンプリングの方法(1)
    • 3 サンプリングの方法(2)
    • 4 母集団分布の役割
    • 5 分布の名称
    • 6 変数の名称
    • 7 確率的に変動するもの,しないもの
    • 8 統計的推測の用語(2)
    • 9 不偏性と不偏推定量
    • 10 さまざまな標本分布
    • 11 平均や比率の標本分布
    • 12 標準正規分布における確率
    • 13 一般の正規分布における確率
    • 14 標本分布における確率の意味
    • 15 平均の差の分布
    • 16 標準誤差の計算と解釈
    • 17 標準誤差に基づくサンプルサイズの計算
    • 18 度数の標本分布
    • 19 周辺分布
    • 20 相関係数の標本分布
    • 21 フィッシャーのZ変換
    • 22 ランダム化とランダムサンプリングの区別
    • 23 頑健性
    • 解答と解説
    • トピック
    • 4−1 合成変数の性質を利用した2項分布の平均と分散の導出
    • 4−2 コンピュータ・シミュレーションによる標本分布の近似
  • 第5章 推定と検定の考え方
    • 問題
    • 1 統計的推測の方法の整理
    • 2 推定に関する用語
    • 3 統計的検定に関する用語
    • 4 いろいろな母数とその推定量
    • 5 推定量と推定値の間の関係
    • 6 最小2乗法による推定
    • 7 最尤推定法と尤度
    • 8 最尤推定法の考え方
    • 9 相関係数の標準誤差とサンプルサイズ
    • 10 検定の考え方と手続き
    • 11 相関の検定と数表利用
    • 12 t分布における棄却の限界値と棄却域
    • 13 検定における判断と確率(1)
    • 14 検定における判断と確率(2)
    • 15 有意水準やサンプルサイズの影響
    • 16 p値の性質と意味
    • 17 検定における2種類の誤り
    • 18 検定力と検定力分析
    • 19 相関係数の検定と結果の意味
    • 20 フィッシャーのZ変換と検定力の計算
    • 21 検定と信頼区間の関係
    • 22 信頼区間の性質(1)
    • 23 信頼区間の性質(2)
    • 24 統計的推測の用語
    • 解答と解説
    • トピック
    • 5−1 尤度関数と対数尤度関数
    • 5−2 最尤法の限界とベイズ推定
    • 5−3 有意水準5%はいつ誰が決めたのか
    • 5−4 検定か区間推定か
  • 第6章 平均値差と連関に関する推測
    • 問題
    • 1 研究法に関する用語
    • 2 平均値差と連関の検定に関する用悟
    • 3 検定で用いられる式の整理
    • 4 検定における仮定
    • 5 独立な2群の平均値差の検定
    • 6 独立な2群の平均値差の標本分布
    • 7 平均値差の標本分布が正規分布にならない理由
    • 8 検定結果に基づく信頼区間の計算(1)
    • 9 信頼区間の性質と意味
    • 10 平均値差と効果量
    • 11 効果量と検定力,サンプルサイズ
    • 12 効果量に基づく平均値差の検定
    • 13 群間の対応関係の判断
    • 14 マッチングの利点
    • 15 検定結果に基づく信頼区間の計算(2)
    • 16 群間の相関と検定力との関係
    • 17 質的変数に関する用語
    • 18 独立な2群の比率差の検定
    • 19 カイ2乗検定
    • 20 ファイ係数
    • 21 クラメルの連関係数の計算
    • 22 連関の大きさを示す3つの統計量の性質
    • 23 検定方法の選択
    • 24 平均値差や比率差の検定
    • 25 検定方法の選択と実行(1)
    • 26 検定方法の選択と実行(2)
    • 27 検定方法の選択と実行(3)
    • 28 検定方法の選択と実行(4)
    • 29 検定方法の選択と実行(5)
    • 解答と解説
    • トピック
    • 6−1 ノンパラメトリック法
    • 6−2 階層的データの取り扱い
  • 第7章 線形モデルの基礎
    • 問題
    • 1 分散の分割
    • 2 平方和とその分割
    • 3 平方和とその自由度
    • 4 自由度
    • 5 独立変数の効果の検定
    • 6 2値変数の効果の検定と2群の平均値差の検定の関係
    • 7 線形モデルのバリエーション
    • 8 ベクトルによる変数と統計量の表現
    • 9 回帰分析のベクトル表現
    • 10 ベクトルによる平方和の分割の導出
    • 解答と解説
    • トピック
    • 7−1 ベクトル表現を用いて回帰係数を導く
  • 第8章 偏相関と重回帰分析
    • 問題
    • 1 疑似相関
    • 2 変数の影響を除いた成分
    • 3 変数の影響を除いた相関係数・回帰係数
    • 4 偏相関係数の計算
    • 5 重回帰分析
    • 6 重相関係数
    • 7 重回帰分析の計算
    • 8 多重共線性
    • 9 重回帰分析の性質(1)
    • 10 重回帰分析の性質(2)
    • 11 偏回帰係数の検定と平方和のタイプ
    • 12 重回帰分析における統計的推測の前提条件
    • 13 分散説明率の増分に関係するもの
    • 14 自由度調整済み重相関係数
    • 15 重回帰分析の結果の解釈
    • 解答と解説
    • トピック
    • 8−1 部分相関と偏相関の使い分け
    • 8−2 偏相関係数を導く
    • 8−3 量的な独立変数間の交互作用
  • 第9章 実験デザインと分散分析
    • 問題
    • 1 分散分析の適用場面
    • 2 要因と水準
    • 3 実験法の用語
    • 4 平方和の分割
    • 5 完全無作為 1 要因デザインにおける分散分析の性質(1)
    • 6 完全無作為 1 要因デザインにおける分散分析の性質(2)
    • 7 完全無作為 1 要因デザインの分散分析表
    • 8 外れ値除去による検定結果への影響
    • 9 全体的な分散分析とテューキーの事後検定の結果
    • 10 完全無作為 2 要因デザインにおける分散分析の性質
    • 11 完全無作為 2 要因デザインの分散分析表
    • 12 完全無作為 2 要因デザインの分散分析と事後検定
    • 13 アンバランスデザインの影響(1)
    • 14 アンバランスデザインの影響(2)
    • 15 アンバランスデザインと平方和の分割
    • 16 変量効果と固定効果
    • 17 球面性の仮定
    • 18 t検定と分散分析の関係
    • 19 分析手法の選択
    • 20 共分散分析
    • 21 高次の交互作用
    • 解答と解説
    • トピック
    • 9−1 複数の検定結果の解釈
    • 9−2 イプサティブデータの分散分析
  • 第10章 因子分析と共分散構造分析
    • 問題
    • 1 因子分析に関する基本的な用語等
    • 2 因子分析のアプローチ法
    • 3 1因子モデルにおける相関係数の復元
    • 4 直交解と斜交解
    • 5 因子分析と回帰分析の関係
    • 6 因子分析の性質
    • 7 因子パタン,因子構造,準拠構造
    • 8 単純構造の意味
    • 9 因子の回転の目的
    • 10 因子の回転の性質
    • 11 因子の回転法
    • 12 初期解の推定法
    • 13 ソフトウェアの出力の解釈
    • 14 共分散構造分析関連の用語
    • 15 モデルの識別性
    • 16 不適解
    • 17 モデルの適合度
    • 18 同値モデル
    • 19 希薄化の修正
    • 解答と解説
    • トピック
    • 10−1 因子分折と主成分分析の違い
    • 10−2 共分散構造分析における適合度検定

心理学 ランキング

心理学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む