サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

運動障害性構音障害 改訂

運動障害性構音障害 改訂 (言語聴覚療法シリーズ)

  • 熊倉 勇美(編著)/ 田中 薫(ほか共著)
  • 第1章 運動障害性構音障害の臨床
    • Ⅰ.はじめに
    • Ⅱ.言語聴覚士の課題
    • Ⅲ.臨床の流れ
  • 第2章 障害の仕組みと特徴
    • Ⅰ.障害の仕組み
    • Ⅱ.運動障害性構音障害の分類と特徴
  • 第3章 評価
    • Ⅰ.検査の目的と方法
    • Ⅱ.構音器官検査(発声発語器官の形態と機能の検査)
    • Ⅲ.構音検査(音声の記述と構音類似運動検査)
    • Ⅳ.機器による評価
  • 第4章 治療
    • Ⅰ.治療の考え方
    • Ⅱ.機能訓練と発話訓練の組み立て
    • Ⅲ.機能訓練と発話訓練の方法
    • Ⅳ.治療効果
    • Ⅴ.内科的管理
  • 第5章 補助手段
    • Ⅰ.AACの種類と適応基準・訓練法
    • Ⅱ.歯科補綴的アプローチ
  • 第6章 チームアプローチ
    • Ⅰ.チームアプローチ概説
    • Ⅱ.チームアプローチの実際
  • 第7章 症例
    • Ⅰ.閉鎖性頭部外傷による混合性構音障害
    • Ⅱ.ウィルソン病による発声・発話困難
    • Ⅲ.喉頭の不随意運動を伴うパーキンソン症候群
    • Ⅳ.外傷性脳損傷による発声・構音障害
    • Ⅴ.混合性構音障害の一例