サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第1章 『結婚の生理学』と1830−1832年雑誌掲載作品群
    • 第1節 『結婚の生理学』と初期短編群
    • 第2節 『不老長寿の霊薬』の《語り手》
    • 第3節 人物再出法適用の痕跡〜『サラジーヌ』の《テクスト・カードル》
    • 第4節 「私」とは誰か〜『赤い宿屋』と語り手の階層化
  • 第2章 『コント・ブラン』と1832年−1845年の試み〜《レシ》と《カードル》のパッチワーク
    • 第1節 『スペイン大公』〜《レシ》の置き換え
    • 第2節 『フランス閑談見本』〜《レシ》の構成
    • 第3節 『続女性研究』〜語り手たちの饗宴
  • 第3章 命名された語り手〜三人称化への試み
    • 第1節 語り手の確立〜ビアンションの形成
    • 第2節 「女性研究」の「語り手」ビアンション
    • 第3節 「語り手」(「私」)の変容〜『シャベール大佐』
    • 第4節 デルヴィル像の成長〜『ゴプセック』
  • 第4章 『海辺の悲劇』と1834年以降の試み
    • 第1節 《語り手》の構造化〜『海辺の悲劇』
    • 第2節 新たな「私」の模索〜『谷間の百合』『ルイ・ランベール』『ファチノ・カーネ』『Z・マルカス』
    • 第3節 語りの意識化の試み〜『ボエームの王』
    • 結論にかえて