サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

分子生物学 第2版

分子生物学 第2版

  • 柳田 充弘(編)/ 西田 栄介(編)/ 野田 亮(編)
  • 1.分子生物学の普遍性
    • 1・1 分子生物学的なアプローチ
    • 1・2 物質的な普遍性:低分子から高分子へ,高分子から分子複合体へ
    • 1・3 システムとしての普遍性:細胞小器官から細胞へ
    • 1・4 遺伝(伝承)システムとしての普遍性:遺伝子と染色体
    • 1・5 個体系としての普遍性:生活史と多細胞系システム
    • 1・6 多細胞体制,高等生物を対象とする分子生物学
  • 2.細胞学的知見の普遍性
    • 2・1 動物細胞
    • 2・2 植物細胞
  • 3.構造生物学の意義と役割
    • 3・1 構造生物学とは何か
    • 3・2 タンパク質と核酸の立体構造解析方法
    • 3・3 タンパク質の構造と機能
    • 3・4 核酸の構造と機能
    • 3・5 タンパク質の分子分類学
    • 3・6 いろいろなタンパク質ドメイン
    • 3・7 タンパク質の相互作用
    • 3・8 タンパク質と核酸の相互作用
    • 3・9 超分子複合体の構造解析の方法と意義
    • 3・10 構造に関連するバイオインフォマティクス
    • 3・11 構造生物学の将来
  • 4.遺伝物質(DNA)
    • 4・1 遺伝物質としてのDNA
    • 4・2 DNA複製
    • 4・3 DNA修復機構
    • 4・4 組換え
  • 5.遺伝子発現とその調節(RNA)
    • 5・1 はじめに
    • 5・2 遺伝子発現における分子基盤
    • 5・3 遺伝子DNAの情報を写し取る転写反応
    • 5・4 RNAの成熟化
    • 5・5 翻訳反応の理解に向けて
    • 5・6 おわりに
  • 6.原核生物の分子遺伝学
    • 6・1 原核生物
    • 6・2 原核生物の細胞構造と多様性
    • 6・3 ゲノム編成から見た細胞システム
    • 6・4 原核細胞に見られる種々の増殖性因子
    • 6・5 大腸菌の特性およびその分子遺伝学の基本知識
    • 6・6 細胞増殖機構
    • 6・7 代謝系のいろいろ
    • 6・8 これからの原核生物の研究
  • 7.分子生物学を支える基礎技術
    • 7・1 核酸の物理化学的特性
    • 7・2 核酸の単離法
    • 7・3 遺伝子工学の原理
    • 7・4 PCR法の原理
    • 7・5 電気泳動および関連技術
    • 7・6 タンパク質の発現
    • 7・7 cDNAライブラリーの応用
    • 7・8 部位特異的突然変異誘発
    • 7・9 融合遺伝子
    • 7・10 トランスフェクション
    • 7・11 ノックアウトとノックダウン
    • 7・12 タンパク質間相互作用の解析
    • 7・13 遺伝的多型の解析
    • 7・14 マイクロアレイを用いたゲノム解析技術
    • 7・15 質量分析を用いたタンパク質解析技術
    • 7・16 バイオインフォマティクス
  • 8.タンパク質の動態
    • 8・1 細胞小器官とそのトポロジー
    • 8・2 タンパク質のフォールディング
    • 8・3 翻訳後修飾
    • 8・4 細胞内輸送
    • 8・5 エンドサイトーシスとエキソサイトーシス
    • 8・6 ミトコンドリアへの輸送
    • 8・7 タンパク質の分解
  • 9.細胞周期の制御と染色体
    • 9・1 真核生物の細胞分裂周期とは何か:四つの異なるステージ
    • 9・2 真核生物における細胞周期の普遇性
    • 9・3 卵成熟因子の発見
    • 9・4 細胞周期制御遺伝子の同定
    • 9・5 ユビキチン分解系の重要性
    • 9・6 チェックポイント制御の存在
    • 9・7 真核生物の染色体
    • 9・8 染色体の分配と細胞周期制御
  • 10.ウイルスとがん
    • 10・1 分子腫瘍学研究の流れ
    • 10・2 DNA腫瘍ウイルス
    • 10・3 レトロウイルス
  • 11.シグナル伝達
    • 11・1 細胞間コミュニケーション
    • 11・2 シグナル因子
    • 11・3 受容体
    • 11・4 細胞内シグナル伝達因子
    • 11・5 がん遺伝子
    • 11・6 各種のシグナル伝達経路
    • 11・7 今後の展望
  • 12.多細胞体制の分子生物学
    • 12・1 単細胞生物・群体・多細胞生物
    • 12・2 組織の分化
    • 12・3 細胞の選択的接着
    • 12・4 多細胞生物の形態形成に関与するその他の因子
    • 12・5 おわりに
  • 13.脳・神経
    • 13・1 脳・神経系の働きと進化
    • 13・2 神経細胞の構造と機能
    • 13・3 脳・神経解剖学
    • 13・4 神経系の発生・分化と回路網形成
    • 13・5 神経活動の分子的基礎
    • 13・6 学習と記憶
  • 14.モデル生物の分子生物学
    • 14・1 酵母
    • 14・2 線虫
    • 14・3 ショウジョウバエ
    • 14・4 マウス
    • 14・5 アラビドプシス(シロイヌナズナ)
    • 14・6 その他のモデル生物
  • 15.ヒトの分子生物学
    • 15・1 ヒトの分子生物学とは:その目指す方向と意義
    • 15・2 ヒトの分子生物学の研究対象
    • 15・3 ヒトを対象とした分子生物学的な研究手段と成果
    • 15・4 ヒトのゲノム解析と再生医療
    • 15・5 医学との接点:診断,治療における分子生物学的なアプローチの実際
    • 15・6 将来の展望