サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

社会調査法の基礎

社会調査法の基礎

  • 小田 利勝(著)
  • 第1章 社会調査とは
    • 1−1 調査のイメージ
    • 1−2 社会調査の対象
    • 1−3 経験科学の方法としての社会調査
    • 1−4 社会調査法を学ぶ意義
    • 1−5 事実発見と解釈
    • 1−6 社会調査の倫理
  • 第2章 調査を始める前に
    • 2−1 課題の設定
    • 2−2 課題の明確化と概念規定
    • 2−3 変数
    • 2−4 測定の水準と尺度の種類
  • 第3章 測定尺度の作成
    • 3−1 サーストン尺度
    • 3−2 リッカート尺度
    • 3−3 ガットマン尺度
    • 3−4 SD尺度
    • 3−5 複数項目による測定尺度
    • 3−6 一次元尺度と多次元尺度
  • 第4章 社会調査と科学的研究
    • 4−1 科学的研究のプロセスと社会調査
    • 4−2 経験的一般化から理論へ
    • 4−3 理論的関心と仮説の構成
    • 4−4 仮説の検証
  • 第5章 調査の方法と計画
    • 5−1 調査の方法−広義の分類
    • 5−2 データ収集の方法−狭義の調査方法
  • 第6章 調査票の設計
    • 6−1 集計・分析方法に対応した調査票の設計
    • 6−2 調査項目と質問文の形態
    • 6−3 回答の形式
    • 6−4 コーディングの方法
  • 第7章 標本調査の考え方と標本抽出の方法
    • 7−1 標本調査の考え方
    • 7−2 標本抽出の方法
    • 7−3 社会調査における非標本誤差
  • 第8章 調査データの整理から結果の報告へ
    • 8−1 調査データ等の整理と管理
    • 8−2 調査データの分析
    • 8−3 調査結果の報告