サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

やさしい原理からはいるタンパク質科学実験法 3 タンパク質のはたらきを知る

やさしい原理からはいるタンパク質科学実験法 3 タンパク質のはたらきを知る

  • 長谷 俊治(編)/ 高尾 敏文(編)/ 高木 淳一(編)
  • 1章 タンパク質の酵素反応
    • 1.1 酵素反応の検出−基質と生成物の同定−
    • 1.2 酵素反応速度の測定:条件の設定
    • 1.3 酵素反応速度論
    • 1.4 酵素反応機構の解明
    • 1.5 終わりに
  • 2章 タンパク質の分子間相互作用の解析
    • 2.1 相互作用の有無だけを知りたい実験
    • 2.2 相互作用の強さを見積もるための実験
    • 2.3 相互作用のキネティクスを解析する実験
    • 2.4 バイオロジカルな実験の難しさ
  • 3章 タンパク質の可視化とダイナミズム(1):in vitro系での研究
    • 3.1 西洋わさびペルオキシダーゼのcompound Ⅰ生成反応
    • 3.2 ミオグロビンの配位子結合反応
    • 3.3 発展するダイナミクス研究
  • 4章 タンパク質の可視化とダイナミズム(2):in vivo系での研究
    • 4.1 タンパク質可視化の重要性
    • 4.2 GFPを用いたタンパク質の可視化
    • 4.3 間接蛍光抗体法を用いたタンパク質の可視化
    • 4.4 顕微鏡のメンテナンスも重要
    • 4.5 実験例
  • 5章 タンパク質工学による機能改変
    • 5.1 進化分子工学の概念
    • 5.2 進化分子工学による抗体酵素の機能改変
    • 5.3 実験例
    • 5.4 進化分子工学の未来
  • 6章 タンパク質のプロファイリング
    • 6.1 タンパク質のプロファイリングとは
    • 6.2 二次元電気泳動法を用いたタンパク質の発現解析
    • 6.3 LC−MS法によるタンパク質のプロファイリング
    • 6.4 ショットガン解析システム
    • 6.5 LC−MS実験プロトコールの例
    • 6.6 LC−MSショットガン法を使った実験例と成果
    • 6.7 発展するショットガン法
  • 7章 タンパク質のデータベースとインフォマティクス
    • 7.1 タンパク質データベースとその利用法
    • 7.2 タンパク質のバイオインフォマティクス