サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

目次

  • 序章 いま,なぜ加速器の歴史なのか
    • 1.巨大科学の現状と問題点
    • 2.大沼科学史の方法論に学ぶ
    • 3.実験装置史の意義と役割
    • 4.本書の構成と内容
  • 第Ⅰ部 1930年代各国のサイクロトロン開発
  • 第1章 アメリカ:サイクロトロン発祥の地バークレー
    • 1.磁気共鳴加速法の発見と既存技術
    • 2.原子核変換実験の装置−高エネルギー生成をめざすサイクロトロンへの可能な道
    • 3.放射性同位元素製造の装置−放射線研究所の実質的確立
    • 4.放射線医療機器−高強度中性子線生成のための技術開発
    • 5.開発を支える財政基盤−実験装置の社会化と現状の困難性
  • 第2章 日本:理化学研究所の小サイクロトロンと大サイクロトロン
    • 1.原子核実験室の設立とその財源
    • 2.23トン小サイクロトロン開発の技術的基礎
    • 3.小サイクロトロンによる「国際水準」の原子核研究
    • 4.共同利用の大サイクロトロン開発と学振第10小委員会の役割
    • 5.60インチ大サイクロトロンの開発
  • 第3章 イギリス:メトロポリタン−ヴィッカース社の企業戦略のもとで
    • 1.キャヴェンディッシュ研究所とメトロポリタン−ヴィッカース社との関係
    • 2.メトロポリタン−ヴィッカース社とエンリコ・フェルミの特許問題
    • 3.サイクロトロンの磁石設計の過程
    • 4.両サイクロトロンの組立て・完成時期の差とその要因
  • 第4章 デンマーク:ロックフェラー財団の研究政策とニールス・ボーア
    • 1.ウィーヴァーの「策略」,ボーアの逡巡とヘヴェシーの積極性
    • 2.高電圧装置をめぐるボーアの事情とロックフェラー財団によるボーアへの「特別視」
    • 3.コペンハーゲンのサイクロトロンの特徴
  • 第5章 フランス:人民戦線政府の支援と国際分業による構成技術の実現
    • 1.サイクロトロンづくりの最初の試み
    • 2.人民戦線政府の援助
    • 3.ロックフェラー財団の援助
    • 4.国際分業による電磁石の製作
    • 5.装置原理の体系性の実現
  • 第6章 アメリカ:原爆開発のために売られたハーバードのサイクロトロン
    • 1.学長コナントのイニシアチブ
    • 2.サイクロトロン技術の実現
    • 3.財源確保の困難性と戦時体制
  • 第7章 アメリカ:ロックフェラー財団の184インチサイクロトロン計画
    • 1.巨大サイクロトロン計画への熱意の発生
    • 2.財団の内部事情の変化と援助の限界
    • 3.援助の実現に向う本格的な行動開始
  • 第Ⅱ部 原爆開発とサイクロトロン
  • 第8章 亡命科学者レオ・シラード起草の「アインシュタインの手紙」誕生
    • 1.ウラン核分裂発見のショック
    • 2.ウランの核分裂連鎖反応は可能か否か
    • 3.「アインシュタインの手紙」誕生とウラニウム諮問委員会の設置
    • 4.炭鉱夫のように働く物理学者
    • 5.援助から契約へ
  • 第9章 プルトニウム爆弾構想の推移
    • 1.イギリスのプルトニウム爆弾構想
    • 2.プルトニウム239への関心の深まり
    • 3.ローレンスによる「94番元素の核分裂に関する覚書」
    • 4.最初の軍管理の実現
    • 5.戦時の新兵器開発から戦後の原子力政策へ
  • 第10章 原爆原料ウラン235の電磁分離法の開発とサイクロトロン
    • 1.37インチサイクロトロンの解体
    • 2.科学研究開発局S−1執行委員会(第1回〜第5回の経過)
    • 3.科学研究開発局S−1執行委員会(第6回〜第8回の経過)
    • 4.種々のカルトロン開発とプラント設計
    • 5.ウラン235生産体系の形成
    • 6.184インチ巨大電磁石の戦後の活用
  • 終章 科学者の1930年代
    • 1.ファシズムの嵐逃れて−迫りくる戦争のただなかへ
    • 2.流浪の果てに−レオ・シラードの苦闘
    • 3.経済恐慌下でのサイクロトロン開発
    • 4.経済の「軍事化」−戦時体制の始動
    • 5.科学・技術の戦時動員体制の形成
    • 6.軍事機密体制下でのウラン研究から原爆開発へ