サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

絵画に現れた光について

絵画に現れた光について

  • ヴォルフガング・シェーネ(著)/ 下村 耕史(訳)
  • 序論 中世および近世絵画の画中光に関する暫定的概念規定のための比較
    • Ⅰ.シニョレッリの「大きな牧羊神」
    • Ⅱ.ハインリヒ二世の典礼用福音書:「キリストの昇天」
    • Ⅲ.概念形成
    • Ⅳ.研究の課題と方法
  • 第一章 自発光:初期および盛期中世の画中光
    • Ⅴ.オットー朝の絵画:色彩と光
    • Ⅵ.オットー朝の絵画:金と金地
    • Ⅶ.オットー朝の絵画:モデリング
    • Ⅷ.ロマネスクの絵画:中世の現場の光
    • Ⅸ.13世紀のステンド・グラス芸術
    • Ⅹ.モザイク.初期キリスト教の現場の光.自発光の成立
    • ⅩⅠ.中世の画中光の意義
  • 第二章 自発光から照明光への変化:14−15世紀の画中光
    • ⅩⅡ.前書き
    • ⅩⅢ.光、陰影、色彩
    • ⅩⅣ.14世紀の画中光と現場の光
    • ⅩⅤ.色彩地、金、金地
    • ⅩⅥ.ステンド・グラス、絵画的主題のタペストリー、版画
  • 第三章 照明光:15−18世紀の画中光(ルネサンス、マニエリスム、バロック)
    • ⅩⅦ.前書き
    • ⅩⅧ.16−18世紀絵画の光、陰影、色彩に関する原則
    • ⅩⅨ.照明光の最初の世紀(およそ1420−1530年)
    • ⅩⅩ.16世紀のイタリア絵画とエル・グレコの画中光
    • ⅩⅩⅠ.カラヴァッジオ
    • ⅩⅩⅡ.17世紀の画中光:カラヴァッジオの後継者、人為による照らす光
    • ⅩⅩⅢ.17世紀の画中光:自然の照らす光
    • ⅩⅩⅣ.17世紀の画中光:宗教上の照らす光
    • ⅩⅩⅤ.レンブラント
    • ⅩⅩⅥ.18世紀の画中光
    • ⅩⅩⅦ.近世の画中光の意義
  • 第四章 19−20世紀の画中光
    • ⅩⅩⅧ.前書き
    • ⅩⅩⅨ.19世紀絵画の光
    • ⅩⅩⅩ.19−20世紀絵画の色彩と光(中世から現代絵画までの光と色彩の関係についての考察を含む)
    • ⅩⅩⅩⅠ.19−20世紀の画中光の意義
  • 補遺 色彩と光の現れ方について。実験心理学の成果と絵画に現れた光の美術史的研究に関する意義
    • §1.助言
    • A.色彩と光の現れ方についての実験心理学の研究成果
    • §2.客観的な色彩、有彩色と無彩色、色彩の秩序
    • §3.色彩の現れ方
    • §4.色彩に関する照らしと輝きの現象
    • §5.空虚な空間の照らし
    • §6.色彩の美的な現れ方
    • §7.まとめ
    • B.西洋絵画の光−色彩−現象の理解のために、色彩と光の現れ方を論じる意義
    • §8.絵画の光学
    • §9.16−18世紀の絵画
    • §10.中世絵画
    • §11.15世紀の絵画
    • §12.19世紀と現代の絵画
    • C.現場の光の問題
    • §13.前書き
    • §14.色合いのない照明のもとでの、無彩の表面色
    • §15.色合いのない照明のもとでの、有彩の表面色
    • §16.有彩色の照明のもとでの、有彩の表面色
    • §17.昔日の絵画の現場の光
    • D.美術館の問題
    • §18.ワニスとガラスの被い
    • §19.明るい壁上の絵画作品の展示