サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

有機化学explorer 有機化学で未来をひらけ

有機化学explorer 有機化学で未来をひらけ

  • 竹本 佳司(編集)/ 川崎 郁勇(ほか著)
  • 第0章 本書を学ぶ前に
    • 0−1 薬学部における有機化学の現状
    • 0−2 有機化学を学ぶ目的:有機化学は多くの謎解きを助ける魔法の鍵
    • 0−3 有機化学の本質を知るため有機化学を反応中心に勉強し直そう
    • 0−4 本書の構成と勉強法
    • 0−5 まとめ
  • 第1章 有機分子結合と反応性に及ぼす影響
    • 1−(1)−1 学習のポイント(化学結合,分子軌道)
    • 1−(1)−2 Q&A
    • 1−(1)−3 練習問題
    • 1−(2)−1 学習のポイント(分極,共鳴,酸・塩基,芳香族性)
    • 1−(2)−2 Q&A
    • 1−(2)−3 練習問題
  • 第2章 有機分子の形・立体化学
    • 2−1 学習のポイント(異性体,立体配置,立体配座)
    • 2−2 Q&A
    • 2−3 練習問題
  • 第3章 置換反応
    • 3−1 学習のポイント(脱離基,求核剤,SN1反応,SN2反応)
    • 3−2 Q&A
    • 3−3 練習問題
  • 第4章 脱離反応
    • 4−1 学習のポイント(E1反応,E2反応,アンチ脱離,シン脱離)
    • 4−2 Q&A
    • 4−3 練習問題
  • 第5章 カルボニル基への求核付加反応
    • 5−1 学習のポイント(カルボニル基,カルボニル類似体,求核付加反応)
    • 5−2 Q&A
    • 5−3 練習問題
  • 第6章 カルボニル基への求核置換反応
    • 6−1 学習のポイント(カルボン酸誘導体,アシル求核置換反応)
    • 6−2 Q&A
    • 6−3 練習問題
  • 第7章 エノールとエノラートの求核反応
    • 7−1 学習のポイント(エノール,エノラート)
    • 7−2 Q&A
    • 7−3 練習問題
  • 第8章 C=C結合への付加反応
    • 8−1 学習のポイント(C=C二重結合,求電子付加反応,求核的共役付加反応)
    • 8−2 Q&A
    • 8−3 練習問題
  • 第9章 芳香環の反応
    • 9−1 学習のポイント(芳香族化合物,置換反応)
    • 9−2 Q&A
    • 9−3 練習問題
  • 第10章 ペリ環状反応
    • 10−1 学習のポイント(ペリ環状反応:環化付加反応,電子環状反応,シグマトロピー転位反応)
    • 10−2 Q&A
    • 10−3 練習問題
  • 第11章 転位反応
    • 11−1 学習のポイント(電子欠乏性活性種への転位反応:Wagner‐Meerwein転位,Wolff転位,Beckmann転位,Hofmann転位,Baeyer‐Villiger酸化)
    • 11−2 Q&A
    • 11−3 練習問題
  • 第12章 酸化・還元反応
    • 12−1 学習のポイント(水素・電子移動,官能基変換)
    • 12−2 Q&A
    • 12−3 練習問題
  • 第13章 応用編有機化学で未来をひらく
    • 13−1 フッ素原子の求引パワーで持続効果の長い医薬品をつくる
    • 13−2 外部刺激に応答して色を変える分子とは?
    • 13−3 抗がん剤を活性化する脱離反応
    • 13−4 神経伝達と求核アシル置換反応
    • 13−5 生体内でのペリ環状反応:vitaminDに関して
    • 13−6 クスリの効き目を高め,副作用も抑える薬物のプロドラック化