サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

目次

  • 序章 物語文学としての『大鏡』に向けて
  • Ⅰ 『大鏡』の語りと書くこと
  • 第1章 地の文における口承と書承
  • 第2章 大宅世次とその語り
  • 第3章 「日記」としての『大鏡』
  • Ⅱ 『大鏡』の人物と表現
  • 第4章 「幸ひ人」良房
  • 第5章 時平像の形成
  • 第6章 「さがなき」安子
  • 第7章 転輪聖王としての道長
  • 第8章 道長と話型
  • 第9章 「あさましき」花山院
  • Ⅲ 『大鏡』における歴史の射程
  • 第10章 起源としての仁明天皇
  • 第11章 〈昔物語〉における村上聖代
  • 第12章 「太政大臣公季」の表現機構
  • 第13章 予言の中の禎子内親王
  • 第14章 『大鏡』における安和の変
  • 付章 『大鏡』の歴史叙述