サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

脳と運動 アクションを実行させる脳 第2版

脳と運動 アクションを実行させる脳 第2版 (ブレインサイエンス・シリーズ)

  • 丹治 順(著)/ 大村 裕(編集委員)/ 中川 八郎(編集委員)
  • 第一章 運動を行うための脳
    • 一 運動は目的を果たすために行われる
    • 二 運動に必要な脳の概略
    • 三 大脳皮質を概観する
  • 第二章 運動細胞の働きとその調節
    • 一 運動細胞とその働き
    • 二 運動細胞の活動を調節する系
    • 三 脳から脊髄に向かう直接調節系
    • 〈付記〉運動単位
  • 第三章 大脳の一次運動野
    • 一 大脳運動野の発見
    • 二 一次運動野のなりたち
    • 三 一次運動野からの出力
    • 四 運動の直接司令系−皮質脊髄路
    • 五 一次運動野における機能的単位
    • 六 一次運動野への入力
    • 七 一次運動野の細胞活動
  • 第四章 大脳の高次運動野
    • 一 一次運動野のほかに多数の高次運動野がある
    • 二 高次運動野は何のためにある
  • 第五章 運動前野
    • 一 運動前野の発見
    • 二 運動前野の傷害で何が起こるか
    • 三 運動前野の構成−脳のなかでの位置づけ
    • 四 運動前野の細胞活動の特性
    • 五 運動前野研究の最近の発展
  • 第六章 補足運動野
    • 一 補足運動野の発見
    • 二 補足運動野の傷害で何が起こるか
    • 三 前補足運動野と補足運動野
    • 四 脳内の神経回路における位置づけ
    • 五 脳活動イメージング法によるヒト補足運動野の研究
    • 六 細胞活動から見た補足運動野の機能
    • 七 前補足運動野の働きの特徴
  • 第七章 姿勢と運動の自動的調節
    • 一 脊髄反射
    • 二 姿勢反射
    • 三 その他の反射
    • 四 自動性の強い運動
  • 第八章 小脳
    • 一 小脳の構造と細胞
    • 二 小脳皮質の神経回路
    • 三 小脳をめぐる神経回路網
    • 四 小脳が傷害されると何が起こるか
    • 五 小脳の動作原理
  • 第九章 大脳基底核の働き
    • 一 壊れたときにわかるありがたさ
    • 二 大脳基底核の構成
    • 三 大脳基底核の動作原理
    • 四 眼球運動の制御に対する働き
    • 五 大脳基底核機能のまとめ
  • 第十章 帯状皮質運動野
    • 一 帯状皮質運動野の所在
    • 二 帯状皮質運動野の入出力と脳内の情報の流れ
    • 三 無動無言症と動作の開放現象
    • 四 ヒトの脳活動イメージング法で知られたこと
    • 五 細胞活動から見た帯状皮質運動野の働き
    • 六 最近の研究の発展
  • 第十一章 頭頂葉の働き
    • 一 大脳皮質の5野と7野
    • 二 頭頂葉から前頭葉へ
    • 三 頭頂葉が損傷したとき
    • 〈付記〉頭頂葉と運動前野を結ぶ神経回路の詳細
  • 第十二章 失行
    • 一 肢節運動失行
    • 二 観念失行
    • 三 観念運動失行
    • 四 高次運動野との関係
  • 第十三章 前頭前野
    • 一 脳の情報は前頭葉の連合野に集約される
    • 二 前頭前野は知の最高位中枢か?
    • 三 機能テストで知られたこと
    • 四 行動のプログラミングと組織化
    • 五 高次運動野をあやつる前頭前野
    • 六 動物実験で前頭前野の働きを知る
  • 第十四章 エピローグ−操縦士はどこにいる?−
    • 一 運動のレベルと制御のレベル
    • 二 前頭前野は操縦士なのか
  • 座談会 脳による運動機能のメカニズム