サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

目次

東アジアにおける犁耕発達史

東アジアにおける犁耕発達史

  • 武藤 軍一郎(著)
  • 序章 世界の農耕と農具
  • 第Ⅰ部 中国における犁耕史
  • 第1章 華北農耕と華南農耕
    • 第1節 華北と華南の気候風土
    • 第2節 華北の農耕
    • 第3節 華南の農耕
  • 第2章 農耕の進展と農具
    • 第1節 耕起農具の始まりと発展
    • 第2節 農法の形成と犁
    • 第3節 『氾勝之書』、その他文献から見た華北の農耕と作物
    • 第4節 犁耕の起源を探る(戦国時代まで)
    • 第5節 初期犁耕の段階(秦、漢時代)
    • 第6節 漢時代までの犁の発展
  • 第3章 三国時代から隋時代以前まで
    • 第1節 華南の水稲作の発展
    • 第2節 『斉民要術』における犁耕を中心とした農法の検討
    • 第3節 遺跡からの出土の資料に見る犁耕
  • 第4章 隋〜元時代の農耕と犁の発達
    • 第1節 隋〜元時代の稲作の発展
    • 第2節 隋〜元時代の華南稲作の発展
    • 第3節 隋〜元時代の犁と犁耕法
    • 第4節 隋〜元時代の型の発展段階
    • 第5節 『陳【フ】農書』に見る宋時代の農法
    • 第6節 『王禎農書』に見る宋、元時代の農法
  • 第5章 明清時代の精耕細作技術の発展と犁の形態
    • 第1節 明清時代の農業の発展
    • 第2節 明清時代の犁の発展
  • 第6章 20世紀の犁の発達
    • 第1節 中国の近代化
    • 第2節 農業経営の階層構成と犁耕の実態
    • 第3節 犁耕の地域性
    • 第4節 民国から中華人民共和国成立後の犁の形態
    • 第5節 解放後中国における犁の形態変化
  • 第Ⅱ部 朝鮮半島における農業と犁耕の発達
  • 第1章 朝鮮半島の自然条件
    • 第1節 地勢について
    • 第2節 気象について
    • 第3節 災害について
    • 第4節 土性について
  • 第2章 朝鮮半島の農業と農具、とくに犁の発達
    • 第1節 農耕の始まり
    • 第2節 朝鮮半島における稲作の起源と由来
    • 第3節 農耕の展開と犁を中心とした農具の発達
    • 第4節 高麗時代における農耕の展開と犁の発達
    • 第5節 李朝時代の農耕と犁耕
    • 第6節 中・近世、朝鮮半島における農耕と農具
  • 第3章 近代朝鮮半島における犁を中心にした農耕
    • 第1節 人力農具
    • 第2節 人力による耕起農具
    • 第3節 畜力農具
    • 第4節 畜力による砕土農具
    • 第5節 畜力による鎮圧、中耕・培土農具
    • 第6節 畜力による耕起、整地作業に見る朝鮮半島の農法
    • 第7節 朝鮮半島の農法と畜力農具の多様性
  • 第4章 朝鮮半島における犁の分布
    • 第1節 はじめに
    • 第2節 朝鮮半島における20世紀前半の犁の類型化
  • 第5章 20世紀、朝鮮半島の犁耕段階
    • 第1節 「朝鮮農具考」を読んで
    • 第2節 朝鮮半島の犁先と日本の犁先の比較
    • 第3節 高橋昇『朝鮮半島の農法と農民』に見る牛耕
  • 第Ⅲ部 日本犁耕発達史
  • 第1章 日本人と稲作の起源
    • 第1節 日本人の起源
    • 第2節 稲作の起源
  • 第2章 古代から奈良時代の農耕と農具の発達
    • 第1節 古代における農具
    • 第2節 犁耕の始まり
  • 第3章 奈良時代から戦国時代における農耕と犁耕
    • 第1節 農耕の概観
    • 第2節 文学書、絵画、農書などにみる犁耕
    • 第3節 畜力犁耕の普及と特質
  • 第4章 江戸時代における農耕と犁
    • 第1節 江戸時代の特質
    • 第2節 「農書」にみる地域別にみた畜力耕と人力耕
    • 第3節 「農書」にみる耕起、代搔きの人力、畜力の地域的特徴
    • 第4節 近世、日本における犁耕の普及
    • 第5節 江戸時代の犁の形態を考える
  • 第5章 明治初期における犁の発達と全国への普及
    • 第1節 この章の目的と方法
    • 第2節 明治初期の「農具調査」の犁の形をさぐる
  • 第6章 全国への犁耕の普及はどのように行われたか
    • 第1節 明治維新以降の牛馬耕普及の気運
    • 第2節 明治期における牛馬耕の普及と犁の発達
    • 第3節 明治後期から大正初期における日本の犁の形態
    • 第4節 明治後期における短床犁の改良の水準
  • 第7章 大正期以降の犁の発展
    • 第1節 日本における犁の発展の方向
    • 第2節 日本の代表的犁製作所における犁の発展
    • 第2節 日本における短床犁から短床双用犁、短床二段耕犁への展開