サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

目次

鉄筋コンクリート構造を学ぶ

鉄筋コンクリート構造を学ぶ

  • 勅使川原 正臣(編著)/ 丸山 一平(共著)/ 稲井 栄一(共著)/ 井上 芳生(共著)/ 椛山 健二(共著)/ 楠 浩一(共著)/ 真田 靖士(共著)/ 田才 晃(共著)/ 日比野 陽(共著)/ 前田 匡樹(共著)
  • 第1章 鉄筋コンクリート造の歴史、特徴
    • 1.1 鉄筋コンクリート構造の歴史、進化
    • 1.2 現代の鉄筋コンクリート造
    • 1.3 鉄筋コンクリート構造の特徴
  • 第2章 鉄筋コンクリートに用いられる材料の性質
    • 2.1 コンクリート
    • 2.2 鉄筋
  • 第3章 鉄筋コンクリート部材の力学の基本概念
    • 3.1 力に抵抗するメカニズム
    • 3.2 コンクリートと鉄筋の一体性
  • 第4章 曲げを受ける断面
    • 4.1 ひずみと曲率
    • 4.2 単材料梁での曲率とモーメントの関係
    • 4.3 鉄筋コンクリート梁の曲げモーメント
    • 4.4 ひび割れモーメント
    • 4.5 降伏モーメント
    • 4.6 降伏状態での釣り合い鉄筋比
    • 4.7 終局モーメント
  • 第5章 曲げと軸力を受ける断面
    • 5.1 単材料弾性範囲でのモーメントと曲率の関係
    • 5.2 ひび割れモーメント
    • 5.3 降伏モーメント−N−M相関−
    • 5.4 終局モーメントの計算
    • 5.5 材料のモデル化
  • 第6章 柱と梁のせん断
    • 6.1 せん断設計の重要性
    • 6.2 せん断ひび割れに対する抵抗機構と評価
    • 6.3 せん断破壊に対する抵抗機構と評価
  • 第7章 耐震壁の性能
    • 7.1 耐震壁の役割
    • 7.2 曲げに対する性能
    • 7.3 せん断に対する性能
    • 7.4 構造計画・構造設計で考慮すべき重要事項
  • 第8章 柱・梁接合部と付着・定着
    • 8.1 柱・梁接合部の役割
    • 8.2 柱・梁接合部に作用する力と抵抗機構
    • 8.3 せん断終局強度
    • 8.4 接合部内への梁・柱主筋の付着・定着
  • 第9章 スラブ
    • 9.1 スラブの種類と工法
    • 9.2 スラブの所要性能
    • 9.3 長方形周辺固定スラブの応力・変形
    • 9.4 片持ちスラブの応力・変形
  • 第10章 地震被害と地震対策
    • 10.1 地震被害とその教訓
    • 10.2 既存建物の耐震化対策
  • 第11章 許容応力度設計
    • 11.1 許容応力度設計とは
    • 11.2 コンクリート、鉄筋の許容応力度
    • 11.3 荷重とその組み合わせ
    • 11.4 断面算定
    • 11.5 構造規定
  • 第12章 保有水平耐力
    • 12.1 水平荷重時の建物の挙動
    • 12.2 耐震設計の基本
    • 12.3 保有水平耐力の計算法
  • 第13章 部材の変形性能
    • 13.1 柱・梁
    • 13.2 耐震壁
  • 第14章 鉄筋コンクリート構造の計算例
    • 14.1 対象建物と設計の方針
    • 14.2 使用材料と荷重の設定
    • 14.3 応力算定のための準備計算
    • 14.4 鉛直荷重時におけるラーメン応力の算定
    • 14.5 水平荷重時におけるラーメン応力の算定
    • 14.6 部材の断面算定
    • 14.7 保有水平耐力の算定
    • 14.8 配筋詳細
    • 付録14−1:積載荷重の規定(建築基準法施行令第85条)
    • 付録14−2:T形梁の有効幅
    • 付録14−3:T形梁の断面二次モーメント増大率
    • 付録14−4:C,M0,Q0の求め方
    • 付録14−5:D値と反曲点高比
    • 付録14−6:梁の主筋算定のための図
    • 付録14−7:柱の主筋算定のための図
    • 付録14−8:異形棒鋼の断面積と周長表