サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

  • 第一章 株式会社の基礎構造(一)
    • 一 はじめに
    • 二 会社資本の自立化と法人
    • 三 支配と責任
    • 四 むすび
    • コラム 経済時評−経済を読む(一)経済学の虚実
  • 第二章 株式会社の基礎構造(二)
    • 一 はじめに
    • 二 利子つき資本と株式擬制資本
    • 三 証券市場機構(一)−証券流通−
    • 四 証券市場機構(二)−株価形成−
    • 五 資本そのものの発展態様としての株式擬制資本
    • 六 株式擬制資本と株式証券市場−むすび−
    • コラム 経済時評−経済を読む(二)パーリア・カピタリスムスの再現か
  • 第三章 証券市場と歴史の逆説
    • 一 はじめに−問題の所在
    • 二 株式会社制度の二面性
    • 三 株式証券市場の基本的特質
    • 四 むすび
    • コラム 経済時評−経済を読む(三)「抜け駆け」の経済学
  • 第四章 W・ゾンバルトの株式会社論について
    • 一 はじめに
    • 二 物的会社としての株式会社
    • 三 ゾンバルトの株式会社論
    • 四 伏在する問題
    • コラム 経済時評−経済を読む(四)無極化する世界経済
  • 第五章 資本化と現在価値
    • 一 開題
    • 二 二様の「資本化」概念
    • 三 現在価値概念の先行者
    • 四 John Burr Williams,The Theory of Investment Value.(1938)
    • 五 むすび
    • コラム 経済時評−経済を読む(五)ウオール・ストリートとメイン・ストリート
  • 第六章 「現在価値」とジョン・バー・ウィリアムズの生涯
    • 一 著作
    • 二 生涯
    • 三 訃報
    • コラム 経済時評−経済を読む(六)フィヒテの世界観
  • 第七章 会社諸形態の戦略的編成
    • 一 「公開会社法」を巡る激突
    • 二 最低資本金規制の歴史的意味
    • 三 日本経団連の主張
    • 四 事態の意味するもの