サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

社会学にできること(ちくまプリマー新書)

社会学にできること (ちくまプリマー新書)

  • 西 研(著)/ 菅野 仁(著)
  • はじめに
  • 第一章 社会学って何のためのもの?
    • 社会学の再構築をめざして/マルクスは実存を社会につなげてくれた/実存と社会がいっぺん切れた/実存のなかに社会はあった/「肯定的に語ること」の大切さ/社会像の社会学/社会学の中にある解放的なもの/社会学にも見える「知の特権化」
  • 第二章 古典社会学の系譜
    • 「内の思考」と「外の思考」/近代の自己認識の学/ルソーが徹底した「自由」の概念/「自由」と「平等」の背反/経済学から社会学へ/マルクスの資本/ヘーゲルの思想も生きている/デュルケムの「アノミー」/ヴェーバーの「官僚制」/官僚制の問題は後発近代の問題?/ジンメルの相互作用論/若い人にとっての社会像/ヴェーバーの「価値公理」
  • 第三章 現代社会学の理論
    • 1 社会学の理論はどのように形づくられたのか
    • 「社会の現象学」の三つの局面/社会とは“思い描かれたもの”である/「われわれ性」/生の可能性の条件/共同的主体か客体的環境か/社会とは生の条件である/社会の“正しさ”の意味/「超越性」「われわれ的性格」「変容可能性」
    • 2 ローティやルーマンが考えたこと
    • ローティについて/フーコーと規律訓練/近代の禁欲的なモデル/社会批判の基準となるもの/実存の社会学にとって必要な契機/社会が先か個人が先か/社会学者はなぜ「社会契約」を批判するのか/ルーマンのコンティンジェンシー理論/ルーマンの発想のモチーフ/キャラクターと人格(ペルゾーン)
    • 3 ハーバーマスとポスト・モダン思潮
    • ハーバーマスのモチーフ/「真理性」「規範妥当性」「主観的誠実性」/合意をつくりあげることの難しさ/言説がヘゲモニーのために利用される/「正義は我にあり」という思いこみ/社会は単なる構造やシステムではない/「コミュニケーション行為」と「戦略行為」/フーコーの言説の影響力/共通了解をどうつくるか
  • 第四章 実存の社会学をめざして
    • 実存の問いと社会の問い/自由から平等が生まれた/幸福と社会正義の調和は?/ルソーが考えたこと/カントの問題意識/社会のメカニズムをとらえる学/安定期に入った社会学/「幸福のデザイン」を描くための社会/グローバル化と社会学/社会学の可能性/実証データの解釈のあやうさ/データと実態との乖離/一般市民の解釈リテラシー
  • おわりに
  • 参考文献