サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

目次

  • 序−『源氏物語』の〈聖代〉
  • 第一篇 紫の上と表現の連関
    • 第一章 古歌を口ずさむ紫の上
    • 第二章 「かけ離る」紫の上−安積山引用と「若菜下」巻「御法」巻との連関を中心に−
    • 第三章 紫の上の「遺言」−その意義をめぐって−
  • 第二篇 朱雀院と表現の連関
    • 第一章 朱雀院の「遊び」−「澪標」巻の記述を始発として−
    • 第二章 薫衣香を贈る朱雀院−斎宮女御入内の贈り物の意義をめぐって−
    • 第三章 朱雀院の懺悔−遺言破棄の導くもの−
    • 第四章 山をおりる朱雀院
    • 第五章 「恨み」なき世の創造−「柏木」巻の朱雀院を始発として−
    • 第六章 譏られる帝−朱雀院を中心に−
  • 第三篇 光源氏物語−前史と光源氏物語のその後−
    • 第一章 御簾を隔てる光源氏−「幻」巻を中心に−
    • 第二章 『うつほ物語』の東宮−「御気色」の語を始発として−
    • 第三章 末としての今上帝二の宮−伝わらぬ光源氏の琴−
    • 第四章 『源氏物語』における今上帝の「御気色」