サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

目次

  • 第1章 仮説検定とは−2群の平均値差を例に使って−
    • 1.1 実験を計画しました
    • 1.2 どうして検定が必要なの?
    • 1.3 そもそも検定ってなんですか
    • 1.4 まずは検定をしてみよう
    • 1.5 「起きにくい」って何だろう(有意水準)
    • 1.6 差の大きさを見積もろう(信頼区間)
    • 1.7 帰無仮説が採択されたら
    • 1.8 差とは何か?(効果量)
    • 1.9 両側検定・片側検定
    • 1.10 有意水準と効果量は別?
    • 1.11 実質的差があって初めて検定できる
    • 1.12 すこしくらいならヘーキ!?(頑健性)
    • 1.13 教授からの手紙(独立性の前提)
  • 第2章 2群の平均値差の検定力分析
    • 2.1 2種類の誤り
    • 2.2 検定力ってそもそも何ですか
    • 2.3 どうして検定力分析が必要なの
    • 2.4 どんな検定力分析があるのかな
    • 2.5 ずばり,標本数はいくつ必要だろう
    • 2.6 事前の分析をしてみよう
    • 2.7 事後の分析をしてみよう(1)
    • 2.8 明日への分析をしてみよう(1)
    • 2.9 事後の分析をしてみよう(2)
    • 2.10 明日への分析をしてみよう(2)
    • 2.11 標本効果量による検定力の推定
    • 2.12 効果量の信頼区間
    • 2.13 対応がある場合の検定
    • 2.14 対応がある場合の効果量
    • 2.15 実際の論文に検定力分析を行う
  • 第3章 比率の差の検定力分析
    • 3.1 比率の差の検定
    • 3.2 検定力分析
    • 3.3 実際の論文に検定力分析を行う
  • 第4章 χ2検定の検定力分析
    • 4.1 χ2検定とは
    • 4.2 適合度のχ2検定とは
    • 4.3 適合度検定の効果量
    • 4.4 適合度検定の検定力分析をしてみよう
    • 4.5 独立性のχ2検定とは
    • 4.6 独立性の検定の効果量
    • 4.7 独立性の検定の検定力分析をしてみよう
    • 4.8 実際の論文に検定力分析を行う
  • 第5章 相関係数の検定力分析
    • 5.1 相関係数の検定
    • 5.2 相関係数の検定力分析
  • 第6章 一要因分散分析の検定力分析
    • 6.1 一要因分散分析とは
    • 6.2 一要因分散分析を実行してみよう
    • 6.3 一要因分散分析に対する検定力分析
    • 6.4 実際の論文に検定力分析を行う
  • 第7章 回帰分析の検定力分析
    • 7.1 単回帰分析
    • 7.2 回帰係数の検定
    • 7.3 重回帰分析
    • 7.4 決定係数の増分に関する検定
    • 7.5 実際の論文に検定力分析を行う
  • 第8章 多要因分散分析の検定力分析
    • 8.1 多要因分散分析とは
    • 8.2 主効果と交互作用
    • 8.3 多要因分散分析の検定仮説
    • 8.4 二要因分散分析を実行してみよう
    • 8.5 主効果・交互作用の効果量
    • 8.6 事前の分析
    • 8.7 事後の分析
    • 8.8 明日への分析
    • 8.9 実際の論文に検定力分析を行う
  • 第9章 繰り返しのない二要因分散分析と共分散分析の検定力分析
    • 9.1 繰り返しのない二要因分散分析とは
    • 9.2 繰り返しのない二要因分散分析の検定力分析
    • 9.3 共分散分析とは
    • 9.4 主効果の検定力分析
    • 9.5 実際の論文に検定力分析を行う