サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

目次

  • 序章 明治国家における雅楽の位相
    • 一 近代雅楽への問い
    • 二 明治国家の政策対象となった芸術領域
    • 三 なぜ雅楽を取り上げるのか
    • 四 雅楽研究史の中の近代
    • 五 本書の視点と構成
  • 第1章 幕末の宮中行事における雅楽
    • 一 『公事録』に見る幕末の宮中行事と雅楽
    • 二 『恒例公事録』雅楽奏演をともなう行事
    • 三 幕末の宮中行事における雅楽奏演の分類と参仕者
    • 四 宮中行事(朝儀)の再興と雅楽の再興
    • 五 明治期の宮中行事における雅楽奏演との連続と不連続
    • 六 宮中行事に参仕した楽人の日常
  • 第2章 近代雅楽の創始
    • 一 近代雅楽の起点としての雅楽局設置
    • 二 慶応四(明治元)年の雅楽奏演状況
    • 三 明治二年東京再幸(東京奠都)後の雅楽奏演状況
    • 四 明治三年雅楽局設置をめぐるドキュメント
    • 五 明治四年以降の雅楽局
    • 六 変革の構想立案と伶人の受け止め
  • 第3章 幕末維新期の雅楽再編
    • 一 一〇〇〇年を越える音楽伝統が迎えた幕末維新期
    • 二 幕末の雅楽
    • 三 近代雅楽の創始
    • 四 明治初年における宮中行事と雅楽種目の変動
    • 五 雅楽の固有性と近代における雅楽の普及
  • 第4章 近代日本の皇室葬祭と音楽
    • 一 明治天皇大喪にいたる道
    • 二 慶応三年(一八六七)孝明天皇大喪
    • 三 明治六年(一八七三)稚瑞照彦尊葬儀
    • 四 明治三十年(一八九七)英照皇太后大喪
    • 五 大正元年(一九一二)明治天皇大喪
  • 第5章 明治前期の新しい音楽表現
    • 一 近代に生成された膨大な小篇歌謡
    • 二 明治前期の「国楽」創成論と日本音楽・西洋音楽
    • 三 新しい歌の創作手法
    • 四 近代の歌づくりの諸方式とその担い手の養成
    • 五 近代日本の政策課題としての歌づくり
  • 第6章 雅楽伶人の新しい音楽活動
    • 一 複数の拠点で始まった近代日本の新しい音楽活動
    • 二 明治初年の雅楽改革と明治十年代の式部寮雅楽課
    • 三 唱歌づくりへのとりくみ
    • 四 海外博覧会への出品
    • 五 公開演奏会
    • 六 音楽の先進部局であった式部寮雅楽課
  • 第7章 近代日本における雅楽音階と儀礼曲・儀式唱歌
    • 一 近代日本の音楽用語の中の律旋・呂旋
    • 二 律呂から律旋・呂旋へ
    • 三 律旋・呂旋の図示と説明の登場
    • 四 律旋・呂旋のその後の音階論への影響
    • 五 雅楽音階と儀礼曲・儀式唱歌
    • 六 宮中祭祀・軍の儀礼・学校儀式をむすぶ紐帯としての雅楽音階
  • 第8章 近代雅楽の分岐点
    • 一 戦前の楽部の分岐点となった明治三十年
    • 二 明治十年〜二十年代における楽部官制の変遷と楽師の処遇
    • 三 明治十年〜二十年代における楽部の音楽活動
    • 四 明治三十年の紛擾とその帰結
    • 五 楽師たちが選びとった楽部の「伝統」
  • 終章 明治後期から大正・昭和期の宮内省式部職楽部
    • 一 明治四十年代以降の官制改正と雅楽の普及活動
    • 二 大正・昭和戦前期の音楽活動と後継者養成
    • 三 戦中から戦後へ