サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

目次

  • 1章 序論−統計法と測定値の取り扱い
    • 1.1 統計学(法)とは何か
    • 1.2 変数
    • 1.3 行動科学における測定操作
    • 1.4 加算記号とその規則
  • 2章 度数分布と統計図表
    • 2.1 度数分布
    • 2.2 量的変数の場合の級間の幅と級間数の決め方
    • 2.3 グループ化された度数分布についての問題点
    • 2.4 質的変数についての度数分布
    • 2.5 質的変数の図示法
    • 2.6 量的変数の図示法
  • 3章 中心傾向の測度
    • 3.1 中心傾向の測度
    • 3.2 平均値
    • 3.3 中央値
    • 3.4 最頻値
    • 3.5 平均値,中央値,最頻値の比較
    • 3.6 平均値,中央値,最頻値の位置の比較
    • 3.7 調和平均
    • 3.8 平均値の平均値
  • 4章 得点の散布度
    • 4.1 量的・質的な変数の散布度の概念とその重要性
    • 4.2 範囲
    • 4.3 四分領域
    • 4.4 箱ヒゲ図
    • 4.5 分散と標準偏差
    • 4.6 散らばり指数−質的データの散布度
    • 4.7 範囲,四分領域,標準偏差,散らばり指数の比較
  • 5章 正規分布と相対的位置の測度
    • 5.1 相対的位置の測定
    • 5.2 正規分布
    • 5.3 標準正規分布
    • 5.4 標本の値のz値への変換
    • 5.5 z値の変換
    • 5.6 分布の歪度と尖度
    • 5.7 パーセンタイル点・順位
    • 5.8 パーセンタイル点・順位の求め方
  • 6章 直線相関と直線回帰
    • 6.1 2変数の相関と回帰
    • 6.2 直線相関係数の指標
    • 6.3 相関係数と決定係数
    • 6.4 相関係数の大きさに影響する諸要因
    • 6.5 相関の解釈に関して注意すべき問題
    • 6.6 相関と予測
    • 6.7 XによるYの線型回帰
    • 6.8 YによるXの線型回帰
  • 7章 母集団と標本
    • 7.1 標本と母集団
    • 7.2 標本抽出とその方法
    • 7.3 標本抽出分布と標準誤差
    • 7.4 標本抽出分布と正規分布
    • 7.5 統計的仮説の検定の基本的考え方
  • 8章 統計的仮説の検定と区間推定−理論と基本的な考え方
    • 8.1 統計的仮説の検定
    • 8.2 考え方の基本
    • 8.3 仮説検定の手順−その形式的定義
    • 8.4 検定の方向性
    • 8.5 第1種と第2種の誤り
    • 8.6 母分散がわからない場合の仮説検定−ステューデントのt分布
    • 8.7 自由度の概念
    • 8.8 t分布によって1つの平均値を検定する
    • 8.9 平均値の区間推定
  • 9章 2つの平均値の差の検定
    • 9.1 2つの母集団の比較
    • 9.2 2つの平均値の差の検定−独立した標本の場合
    • 9.3 分散の等質性と正規性
    • 9.4 2つの平均値の差の検定−関連した標本の場合
  • 10章 分散分析入門−1要因被験者間分散分析と多重比較
    • 10.1 2個以上の平均値の差の検定
    • 10.2 分散分析の基本的概念−njの等しい場合
    • 10.3 njの等しくない場合の分散分析
    • 10.4 分散分析の仮定
    • 10.5 分散分析と他の検定法の関係
    • 10.6 多重比較
  • 11章 もっとすすんだ分散分析−要因計画と被験者内分散分析
    • 11.1 2要因被験者間分散分析−要因計画とは何か
    • 11.2 交互作用の意味
    • 11.3 1要因被験者内分散分析−反復測定計画入門
    • 11.4 2要因被験者内分散分析
    • 11.5 1要因が被験者間,他の1要因が被験者内の分散分析−(混合a・b計画)
  • 12章 カイ2乗検定
    • 12.1 カイ2乗検定の適用
    • 12.2 適合度の検定
    • 12.3 独立性の検定
    • 12.4 比率の等質性の検足
  • 13章 順位による検定法
    • 13.1 ノンパラメトリック検定法と順位による検定法
    • 13.2 2つの独立した標本の検定−マン−ホイットニーのU検定
    • 13.3 2つの関連した標本の検定−ウイルコクスンの符号化順位検定
    • 13.4 k〉2の独立した標本の検定−クラスカル−ウォリスのH検定
    • 13.5 k〉2の開連した標本の検定−フリードマンのX2r検定
    • 13.6 ノンパラメトリック検定の長短
  • 14章 ピアスンのrの検定と種々な相関係数
    • 14.1 種々な相関係数とその検足
    • 14.2 ピアスンの相関係数(r)の検定
    • 14.3 ピアスンの相関係数(r)の信頼区間
    • 14.4 2つの独立したrの間の有意差の検定
    • 14.5 点2系列相関係数(rpb)
    • 14.6 クラメールの関運係数(V)
    • 14.7 スピアマンの順位相関係数(rs)

心理学 ランキング

心理学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む