サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

ブックオフ宅本便ページ修正

目次

エンジニアのための物理化学

エンジニアのための物理化学

  • JOHN T.YATES,JR.(著)/ J.KARL JOHNSON(著)/ 川合 眞紀(訳)/ 宗像 利明(訳)/ 清水 智子(訳)
  • 1.熱力学の基礎−熱力学関数
    • 1.1 はじめに
    • 1.2 熱力学系
    • 1.3 熱力学第0法則:温度
    • 1.4 熱力学第1法則:内部エネルギーU
    • 1.5 仕事の形態
    • 1.6 定容変化での内部エネルギーU
    • 1.7 定圧過程でのエンタルピーH
    • 1.8 熱力学第2法則:エントロピーS
    • 1.9 第1法則と第2法則の組合わせ
    • 1.10 ギブズエネルギー関数G
    • 1.11 ヘルムホルツエネルギー関数A
    • 1.12 五つの熱力学状態関数のまとめとマクスウェルの関係式
    • 1.13 ギブズエネルギー関数Gの化学への応用
    • 1.14 簡単には測定できない平衡定数の計算
    • 1.15 まとめ
    • 問題
  • 2.量子論−発展の歴史
    • 2.1 はじめに
    • 2.2 加熱体による光放射の物理
    • 2.3 黒体放射の波長分布を記述する初期の試み−紫外発散
    • 2.4 プランクによる放射エネルギー量予化の発見
    • 2.5 プランク定数hの数値
    • 2.6 光学高温測定−プランクの分布関数の実用的使用例
    • 2.7 固体の熱容量−アインシュタインモデルとデバイモデル
    • 2.8 まとめ−量子化されたエネルギーという概念の入口
    • 2.9 波−量子二重性−光子エネルギー
    • 2.10 電子の波動性の実験的証拠−電子回折
    • 2.11 まとめ
    • 問題
  • 3.シュレーディンガー方程式と波動関数
    • 3.1 はじめに
    • 3.2 古典的ハミルトニアンとシュレーディンガー方程式
    • 3.3 一次元を自由に動く粒子に対するシュレーディンガー方程式の解
    • 3.4 波動関数ψの意味についてのボルンの解釈
    • 3.5 波動関数の規格化
    • 3.6 一次元の自由粒子再訪
    • 3.7 波動関数から期待値を求める
    • 3.8 不確定性原理
    • 3.9 まとめ
    • 問題
  • 4.電子・原子・分子のエネルギー論への量子論の応用
    • 4.1 はじめに
    • 4.2 無限の高さの壁をもつ一次元の箱の中の粒子
    • 4.3 有限の高さの壁をもつ一次元井戸型ポテンシャル中の粒子
    • 4.4 障壁を通り抜ける量子力学的トンネル現象
    • 4.5 二次元・三次元の箱の中の粒子
    • 4.6 調和振動子
    • 4.7 剛体回転子
    • 4.8 分光法による分子の振動と回転の観測
    • 4.9 二原子分子の赤外分光法
    • 4.10 多原子分子の赤外分光法
    • 4.11 分子の電子励起
    • 4.12 まとめ
    • 問題
  • 5.統計力学−基本概念と応用
    • 5.1 はじめに
    • 5.2 確率と統計
    • 5.3 エネルギー準位の統計的占有率
    • 5.4 ボルツマン分布関数
    • 5.5 アンサンブル,アンサンブル平均,分配関数
    • 5.6 分子分配関数
    • 5.7 相互作用のない分子系での分子分配関数と内部エネルギーU
    • 5.8 相互作用しない分子系のエントロピーと分子分配関数
    • 5.9 分子の種々の量子状態に対する分配関数の計算
    • 5.10 化学熱力学の問題への分配関数の応用
    • 5.11 配置積分
    • 5.12 エントロピーと熱力学第3法則
    • 5.13 まとめ
    • 問題
  • 6.気体分子運動論
    • 6.1 はじめに
    • 6.2 理想気体からのずれ
    • 6.3 分子のエネルギーと速度
    • 6.4 分子速度のマクスウェル−ボルツマン分布
    • 問題
  • 7.気体中および表面上の化学反応速度論と反応速度
    • 7.1 はじめに
    • 7.2 衝突理論:剛体球モデル分子の反応
    • 7.3 突験との比較:気相での二分子化学反応
    • 7.4 化学反応速度論における遷移状態理論
    • 7.5 遷移状態理論と衝突理諭の関係
    • 7.6 遷移状態理論の熱力学的意味づけ
    • 7.7 化学反応における化学素反応の役割
    • 7.8 表面での吸着と反応
    • 7.9 まとめ
    • 問題
  • 8.分子モデリングの工学応用
    • 8.1 はじめに
    • 8.2 量子力学に基づくモデリング
    • 8.3 統計力学に基づくモデリング
    • 8.4 事例研究
    • 8.5 まとめ
    • 問題