サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

目次

  • はじめに
  • この本の説明
  • 1章 自然であればいい
    • ●知る者は言わず、言う者は知らず。下篇
    • ●多言は数々窮す、中を守るに如かず。上篇
    • ●知りて知らずとするは上なり。知らずして知るとするは病なり。下篇
    • ●信言は美ならず、美言は信ならず。善なる者は弁ぜず、弁ずる者は善ならず。知る者は博からず、博き者は知らず。下篇
    • ●大巧は拙なきが若く、大弁は訥なるが若し。下篇
    • ●天は長く地は久し。天地の能く長く且つ久しき所以の者は、其の自ら生ぜざるを以てなり。故に能く長生す。上篇
    • ●足るを知るの足るは、常に足る。下篇
    • ●素を見わし樸を抱け。私を少なくし欲を寡なくせよ。上篇
    • ●寵辱には驚くが若し。大患を貴ぶこと身の若くなればなり。上篇
  • 2章 水のようにやわらかでいい
    • ●上善は水の若し。水は善く万物を利して而も争わず。衆人の悪む所に処る。故に道に幾し。上篇
    • ●天下水より柔弱なるは莫し。而も堅強を攻むる者、これに能く勝る莫し。下篇
    • ●天下の至柔は、天下の至堅を馳騁す。有る無きものは、間無きに入る。吾れ是を以て無為の益あることを知る。下篇
    • ●柔弱は剛強に勝つ。上篇
    • ●小を見るを明と曰い、柔を守るを強と曰う。下篇
    • ●善く敵に勝つ者は与にせず。下篇
    • ●善く人を用うる者はこれが下と為る。下篇
  • 3章 自信を持てばいい
    • ●学を為せば日々に益し、道を為せば日々に損ず。これを損じて又た損じ、以て無為に至る。無為にして為さざるは無し。下篇
    • ●無為を為し、無事を事とし、無味を味わう。下篇
    • ●物は壮なれば則ち老ゆ。是れを不道と謂う。不道は早く已む。下篇
    • ●大器は晩成し、大音は希声、大象は形無し。下篇
    • ●道の言に出だすは、淡乎として其れ味わい無し。これを視るも見るに足らず、これを聴くも聞くに足らず、これを用いて既すべからず。上篇
    • ●人を知る者は智なり、自ら知る者は明なり。上篇
    • ●人に勝つ者は力有り、自ら勝つ者は強し。上篇
    • ●企つ者は立たず、跨ぐ者は行かず。上篇
    • ●希言は自然なり。故に飄風は朝を終えず、驟雨は日を終えず。孰れか此れを為す者ぞ、天地なり。上篇
    • ●曲なれば則ち全し、枉がれば則ち直し、窪めば則ち盈つ。上篇
  • おわりに
  • さくいん