サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 第4回 丸善ビジネススクール~12人の先達に学ぶ~ ポイント5倍キャンペーン(~1/13)

目次

クロスオーバー民事訴訟法・刑事訴訟法 第3版

クロスオーバー民事訴訟法・刑事訴訟法 第3版

  • 小林 秀之(著)/ 安冨 潔(著)
  • 〈対談Part 1〉両訴を比較してみよう−民訴と刑訴の対話
    • はじめに
    • 1.訴訟の目的と構造
    • 2.訴訟諸原則
    • 3.訴訟物
    • 4.証拠開示と証拠収集
    • 5.訴え提起と処分権主義
    • 6.証明責任と自由心証・証明の程度
    • 7.違法収集証拠と伝聞証拠
    • 8.裁判の効力
    • まとめ
  • 民事訴訟法
    • 第1講 用語と基本構造
    • 第2講 当事者主義
    • 第3講 口頭弁論の諸原則
    • 第4講 訴訟物と既判力
    • 第5講 一部請求
    • 第6講 釈明権
    • 第7講 証拠の収集
    • 第8講 証明責任
  • 刑事訴訟法
    • 第1講 刑事訴訟法の意義と目的
    • 第2講 捜査
    • 第3講 公訴の提起
    • 第4講 審判の対象
    • 第5講 当事者主義の展開
    • 第6講 証拠法
    • 第7講 共犯と刑事手続
    • 第8講 裁判
  • 〈対談Part 2〉両訴を比較してみよう−民訴と刑訴の対話その2
    • 1.民訴と刑訴の歩み寄り
    • 2.目的論の比較
    • 3.訴訟物と判決効
    • 4.当事者主義の機能の違いと捜査と証拠保全
    • 5.訴訟要件(訴えの利益もその1つ)と訴訟条件
    • 6.弁護人と本人の関係
    • 7.証明責任と証明度
    • 8.最後に
  • 〈対談Part 3〉近時の訴訟法立法の動向−裁判員制度を中心に
    • はじめに
    • 1.裁判員制度
    • 2.被害者参加制度
    • 3.被害者損害賠償請求制度(付帯私訴)
    • 4.計画審理と証拠収集
    • おわりに
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。