サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

目次

関係発達論から捉える死

関係発達論から捉える死

  • 近藤 恵(著)
  • 序章 死生への問い
    • 第1節 経験から死を考える
    • 第2節 本書の構成
  • 第1章 死を学問的に扱うということ
    • はじめに
    • 第1節 死を扱う学問としてのThanatology
    • 第2節 死を扱う学問としての生涯発達心理学
    • 第3節 死の臨床研究再考
    • 第4節 人が生きる過程において死を捉える視点の再考
  • 第2章 方法論
    • はじめに
    • 第1節 「関与・観察」とは
    • 第2節 従来のインタビュー研究
    • 第3節 「関与・観察的対話」とは
    • 第4節 まとめ
  • 第3章 事例
    • 第1節 癌という病と緩和医療科という場所
    • 第2節 事例の背景
    • 第3節 細川桔梗さん(仮名)
    • 第4節 田中すみれさん(仮名)
    • 第5節 石塚ゆうさん(仮名)
    • 第6節 鈴木翔さん(仮名)
  • 第4章 生と死の諸相
    • はじめに
    • 第1節 それぞれの生から立ち表れてくるもの
    • 第2節 関係性の中で死を考える
    • 第3節 緩和医療科という場で生きるということ
    • 第4節 総合考察
  • 終章 最終考察
    • 第1節 死に逝く過程を生きる人々の生のあり様
    • 第2節 関係性の中で死を考えるということ
    • 第3節 関与・観察的対話
    • 第4節 関係発達論から捉える死
    • 第5節 今後の展望

医学全般 ランキング

医学全般のランキングをご紹介します一覧を見る