サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 序章 会計理論の現状と現行会計の全体像
    • 1 会計理論の現状
    • 2 本書が想定する現行会計の全体像
  • 第1部 現代諸会計学説の分類枠組およびその推移の動因に関する整理
  • 第1章 現代諸会計学説の整理の枠組
    • 1 計算対象の側面からの分類枠組
    • 2 論証意識の有無による分類
    • 3 取得原価主義会計論から併存会計論への移行の動因
    • 4 本書の構成
  • 第2章 計算対象に関する分類のメルクマールを巡って
    • 1 利潤産出活動の在り方
    • 2 勘定分類の在り方
    • 3 会計理論における企業的変容の不可欠性
  • 第3章 収益費用観・資産負債観の理論的意義
    • 1 収益費用観・資産負債観を巡る会計理論の現状
    • 2 収益費用観と資産負債観との論理的関係
    • 3 収益費用観・資産負債観と評価規約との関係
    • 4 収益費用観・資産負債観の規定要因
    • 5 収益費用観から資産負債観への転換の意味
  • 第4章 取得原価主義会計論の理論的意義
    • 1 取得原価主義会計論の意義に関する一般的理解
    • 2 取得原価主義会計論の特質
    • 3 取得原価主義会計論克服のふたつの方向
    • 4 米国・日本の会計学の研究方向
    • 5 取得原価・増価・時価の関係
    • 6 購入時価と売却時価との関係
    • 7 取得原価主義会計論の理論的欠陥の本質
  • 第2部 現代会計理論に共通する理論的問題点
  • 第5章 説明理論と規範理論
    • 1 説明理論および規範理論の定義的内容
    • 2 説明理論および規範理論の特質
    • 3 現代会計理論における説明理論と規範理論との識別の重要性
    • 4 説明理論および規範理論の論理構造
  • 第6章 現代会計理論の理論的欠陥の諸相
    • 1 必要性の論理を巡って
    • 2 部分の論理を巡って
    • 3 独断の論理を巡って
  • 第7章 首尾一貫性の欠如を巡って
    • 1 財務諸表中心観
    • 2 量的利益観
    • 3 是正の方途
    • 4 是正したことの意義
  • 補論Ⅰ 会計責任概念の再構成
    • Ⅰ.1 はじめに
    • Ⅰ.2 併存会計に関するみっつの立場
    • Ⅰ.3 取得原価主義会計論の特質とその問題点
    • Ⅰ.4 時価評価の妥当性の根拠
    • Ⅰ.5 おわりに
  • 第8章 論証の欠如を巡って
    • 1 現代会計学説と論証意識の欠如
    • 2 論証の欠如の原因
    • 3 理想型の構築の必要性
    • 4 時価評価の理論的根拠を巡る3学説の異同
    • 5 有価証券損益の性質に関する3学説の異同
    • 6 「保有損益」に関する理想型の構築
    • 7 3学説の理想型
    • 8 比較検討の在り方
  • 第9章 現代会計理論の2類型
    • 1 第2部における諸概念間の関係
    • 2 現代会計理論形成の社会経済的背景
    • 3 規範理論としての現代会計理論の問題点
    • 4 現代会計学説の分類枠組