サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

目次

近世在方集住大工の研究

近世在方集住大工の研究

  • 高橋 恒夫(著)
  • 序論
    • 一 在方集住大工の定義
    • 二 「在方」の概念
    • 三 「集住大工」と「大工集団」の意味
    • 四 研究目的
    • 五 従来の研究
    • 六 研究の範囲と方法
    • 七 本研究と関連既発表論文との対応
  • 第一編 近世在方集住大工とその発生形態
  • 第一章 各地の在方集住大工の概要
    • 一 気仙大工
    • 二 小国大工
    • 三 岩川大工
    • 四 大石田大工
    • 五 半原大工
    • 六 下山大工
    • 七 間瀬大工
    • 八 出雲崎大工
    • 九 大窪大工
    • 一〇 木曽大工
    • 一一 日原大工
    • 一二 三木大工
    • 一三 比延大工
    • 一四 宇仁大工
    • 一五 浦大工
    • 一六 木津大工
    • 一七 邑久大工
    • 一八 塩飽大工
    • 一九 大島大工(長州大工)
    • 参考資料 航空写真
  • 第二章 在方集住大工の発生形態
    • 一 木挽説
    • 二 農地狭小説
    • 三 人為的集住説
    • 四 中継地集落説
    • 五 大工村説
    • 六 船大工説
    • 七 大工移住説
  • 第二編 近世在方集住大工の大工人数
  • 第三章 諸職人の構成からみた気仙大工とその人数
    • 一 はじめに
    • 二 文献資料
    • 三 諸職人の構成からみた気仙大工とその人数
    • 四 むすび
  • 第四章 在方集住大工の大工人数と大工集住率
    • 一 大工人数と大工家数
    • 二 大工集住率
  • 第三編 気仙大工とその活動
  • 第五章 陸前高田地方の民家普請
    • 一 はじめに
    • 二 調査遺構とその建設年代
    • 三 大工の出身地と寺社普請の経験
    • 四 農家普請の工事記録
    • 五 民家普請における構造技法
    • 六 民家普請における造作技法
    • 七 むすび
    • 参考資料 気仙大工と民家持仏堂
  • 第六章 寺社普請
    • 一 はじめに
    • 二 寺社普請の実例
    • 三 就業の形態
    • 四 技術の系統
    • 五 むすび
    • 参考資料 大工の秘伝書
  • 第七章 五郎吉と花輪喜久蔵
    • 一 はじめに
    • 二 小友村・松山屋敷の五郎吉と作品
    • 三 花輪喜久蔵の経歴と作品
    • 四 五郎吉と花輪喜久蔵の共通点
    • 五 むすび
  • 第八章 大肝入・吉田家住宅と大工棟梁・七五郎
    • 一 はじめに
    • 二 仙台藩領気仙郡今泉村の構成
    • 三 大肝入・吉田家住宅
    • 四 大工棟梁・七五郎
    • 五 むすび
    • 参考資料 仙台藩領気仙郡今泉集落絵図とその町場住居
    • 参考資料 南部藩鬼柳と伊達藩相去の藩境枡形とその集落の復元
  • 第九章 民家普請の出稼ぎと大工系統
    • 一 はじめに
    • 二 気仙大工の民家普請の出稼ぎ先
    • 三 出稼ぎ先での気仙大工の民家普請
    • 四 旧仙台藩領内における民家普請の大工系統
    • 五 むすび
    • 参考資料 宮城県北と岩手県南の繁柱板倉
  • 第一〇章 気仙大工と学校建築
    • 一 はじめに
    • 二 気仙大工が関与した学校建築
    • 三 登米小学校と岩出山小学校
    • 四 気仙大工と学校建築との関係
    • 五 むすび
    • 参考資料 気仙郡地方における木造小学校建築の沿革
  • 第四編 出羽・越後・甲斐・周防の在方集住大工とその活動
  • 第一一章 出羽の在方集住大工とその活動
    • 一 はじめに
    • 二 小国郷と小国大工
    • 三 岩川地区と岩川大工
    • 四 大石田と大石田大工
    • 五 小国大工の活動
    • 六 岩川大工の活動
    • 七 大石田大工の活動
    • 八 気仙大工との比較
    • 九 むすび
    • 参考資料 最上三十三観音堂とその普請に関係した職人
    • 参考資料 出羽の寺社建築にみられる力士像と鳳凰頭部の木鼻
  • 第一二章 越後の出雲崎大工とその活動
    • 一 はじめに
    • 二 調査概要
    • 三 データベースの作成
    • 四 近世の出雲崎
    • 五 出雲崎大工の定義
    • 六 出雲崎大工とその普請
    • 七 天正四年と文禄二年の出雲崎大工
    • 八 太子講
    • 九 大工人数
    • 一〇 棟札の形態
    • 一一 出雲崎町海岸地区の寺院本堂
    • 一二 むすび
    • 参考資料 越後の出稼ぎ大工
  • 第一三章 甲斐の下山大工とその活動
    • 一 はじめに
    • 二 近世甲州の歴史
    • 三 身延町下山と下山大工
    • 四 下山大工の普請活動
    • 五 むすび
  • 第一四章 周防の大島大工とその活動
    • 一 はじめに
    • 二 旧池川町で大島大工が関わった建築と現地調査概要
    • 三 旧池川町で活躍した大島大工の特徴
    • 四 むすび
  • 第五編 近世在方集住大工を取り巻く環境
  • 第一五章 材木の伐り出し
    • 一 はじめに
    • 二 気仙郡からの主要な材木伐り出しの記録
    • 三 搬出経路
    • 四 用途
    • 五 大工
    • 六 むすび
  • 第一六章 仙台藩領の御郡棟梁と在方大工の統率
    • 一 はじめに
    • 二 仙台藩領本吉北方の御郡棟梁・熊谷家
    • 三 仙台藩領内の御郡棟梁
    • 四 在方大工とその統率
    • 五 むすび
    • 参考資料 仙台藩領磐井郡東山北方の諸職人と諸職人棟梁
    • 参考資料 東北の在方大工とその活動
  • 第一七章 最上川水運の大石田河岸の集落とその諸職人
    • 一 はじめに
    • 二 大石田と最上川水運
    • 三 大石田河岸の集落とその構成
    • 四 大石田河岸の諸職人
    • 五 むすび
  • 第六編 近世在方集住大工の形態とその位置づけ
  • 第一八章 在方集住大工の形態
    • 一 居住地と大工名称
    • 二 集住形態
    • 三 活動時期
    • 四 出稼ぎ範囲
    • 五 寺社普請と民家普請
    • 六 大工技術
    • 七 出稼ぎの就業形態と情報・文化の伝達
    • 八 組織形態
  • 第一九章 近世建築社会での位置づけと中世とのつながり
    • 一 近世建築社会での在方集住大工の位置づけ
    • 二 在方集住大工の中世とのつながり
    • 参考資料 東北の中世建築工匠とその史料
  • 第二〇章 近世在方集住大工からみた飛驒匠
    • 一 田邊泰・渡邊保忠の「飛驒工考」
    • 二 近世在方集住大工からみた飛驒匠
  • 結論
    • 一 近世在方集住大工とその発生形態
    • 二 近世在方集住大工の大工人数と大工集住率
    • 三 近世在方集住大工の形態とその位置づけ