サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

目次

  • 序章 問題の所在
    • 第1節 本書の目的
    • 第2節 韓国経済と半導体産業
    • 第3節 技術面からみた韓国の産業発展メカニズム
    • 第4節 韓国半導体産業に関する先行研究
    • 第5節 方法と構成
  • 第1章 DRAM市場におけるサムスン電子の成長
    • 第1節 後発企業から先行企業への変貌
    • 第2節 DRAMの販売市場の確保
    • 第3節 製造装置の調達源
    • 第4節 小括
  • 第2章 DRAM市揚におけるキャッチアップのメカニズム
    • 第1節 DRAM需要の牽引役の交代
    • 第2節 後発企業への参入障壁
    • 第3節 後発企業の参入
    • 第4節 小括
  • 第3章 技術キャッチアップのメカニズム
    • 第1節 半導体分野の技術の分類
    • 第2節 半導体企業と製造装置企業の分業関係の進展
    • 第3節 半導体企業から製造装置企業への要素技術のシフト
    • 第4節 DRAM市場の競争に与えた影響
    • 第5節 キャッチアップ過程におけるコスト優位の形成
    • 第6節 小括
  • 第4章 先端技術の獲得
    • 第1節 技術能力の評価基準
    • 第2節 模倣から技術革新への飛躍
    • 第3節 技術発展の要因
    • 第4節 小括
  • 第5章 標準化活動を通じた先行優位の確立
    • 第1節 DRAMの開発競争の展開
    • 第2節 標準化活動を通じた先行者利益の獲得
    • 第3節 DDRアーキテクチャの普及をめぐる競争と協調
    • 第4節 小括
  • 終章 総括と展望