サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

日本語の助数詞 研究と資料

日本語の助数詞 研究と資料

  • 三保 忠夫(著)
  • 序章 助数詞研究の意義と構想
    • 第一節 はじめに−日本語の助数詞−
    • 第二節 研究前史
    • 第三節 研究史
    • 第四節 本研究の構想
  • 第一編 日本語の助数詞−中古・中世・近世における概要−
  • 第一章 延喜式土御門本における助数詞
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 調査資料
    • 第三節 助数詞の概要
    • 第四節 用法上からの分類
    • 第五節 おわりに
    • 〈別表〉延喜式土御門本における助数詞
  • 第二章 中世の国語辞書類における助数詞
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 調査資料
    • 第三節 助数詞の用法
    • 第四節 おわりに
    • 〈別表〉中世の国語辞書類における助数詞
  • 第三章 品物名数抄における助数詞
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 著者松沢老泉
    • 第三節 版本・写本
    • 第四節 翻字本文
    • 第五節 本書の性格
    • 第六節 武者言葉・鷹詞・尺牘書との関わり
    • 第七節 後代書との関わり
    • 第八節 おわりに
    • 品物名数抄 助数詞漢字索引
  • 第二編 研究資料の検討
  • 第一章 太神宮儀式神宮文庫本における助数詞
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 助数詞の用法
    • 第三節 本文欠失部について
    • 第四節 おわりに
  • 第二章 後鳥羽上皇逆修僧名等目録における助数詞
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 調査資料
    • 第三節 助数詞の用法・読み方
    • 第四節 おわりに
  • 第三章 山科家礼記における助数詞
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 助数詞の用法
    • 第三節 実隆公記との比較
    • 第四節 用法の分類
    • 第五節 おわりに
    • 〈別表〉山科家礼記における助数詞
  • 第四章 善隣国宝記における助数詞
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 助数詞の用法
    • 第三節 注意される用法
    • 第四節 おわりに
    • 補説 続善隣国宝記における助数詞
  • 第五章 近世廻船の装備・船荷等に関する助数詞
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 御城米送り状
    • 第三節 装備に関する助数詞−頭・羽・房・筋
    • 第四節 船荷に関する助数詞−丸・箇(個・固・梱)・〆
    • 第五節 船・筏に関する助数詞−艘・乗・枚・足
    • 第六節 廻漕の度数に関する助数詞−建(立)
    • 第七節 おわりに
  • 第六章 武者言葉における助数詞
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 資料
    • 第三節 助数詞の用例
    • 第四節 助数詞の整理
    • 第五節 助数詞の用法
    • 第六節 おわりに
  • 第三編 研究方法の検討
  • 第一章 鷹−鷹狩り−
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 助数詞の概況
    • 第三節 用字「聯」
    • 第四節 用字「連」
    • 第五節 用字「居」「職」「本」
    • 第六節 用字「居」「据」と「すゑ」
    • 第七節 用字・用法の多様化(近世)
    • 第八節 おわりに
  • 第二章 アワビ・イカなど−「はい(貝)」「はい(盃)」−
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 古代の助数詞「貝(はい)」
    • 第三節 中世・近世資料、方言における「盃(はい)」「はい」
    • 第四節 「貝(はい)」から「盃(はい)」へ
    • 第五節 おわりに
  • 第三章 魚−「こん(喉)」−
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 助数詞「隻」
    • 第三節 助数詞「尺」
    • 第四節 助数詞「喉」
    • 第五節 仮名表記「こん」と漢字表記「喉」−古文書を中心に
    • 第六節 助数詞「こん」−方言の場合
    • 第七節 「こん」の源流「口」
    • 第八節 おわりに
  • 第四章 縄・綱類−「かた(方)」「ぼう(方)」−
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 奈良時代の「方(かた)」
    • 第三節 平安時代から江戸時代の「方(はう)」「房(ばう)」「坊(ばう)」
    • 第四節 日葡辞書「ぼ」
    • 第五節 方言資料の「方(かた)」「ばう・ぼう」「ばん」
    • 第六節 おわりに
  • 終章 助数詞研究の今後の課題