サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~11/30

目次

なっとくする分析化学(なっとくシリーズ)

なっとくする分析化学 (なっとくシリーズ)

  • 斎藤 恭一(著)/ 武曽 宏幸(絵)
  • 第1章 分析化学は進化する
    • 低濃度まではかれるように,分析化学は進化する
    • 簡便かつ迅速にはかれるように,分析化学は進化する
    • お金がかかるように,分析化学は進化する
    • 試科が少量で済むように,分析化学は進化する
    • 時代に応じて,分析化学は進化する
    • 技術のニーズに応えて,分析化学は進化する
    • 分析化学の役割
  • 第2章 溶液調製のミスは超危険−溶液の調製と有効数字−
    • 溶液をつくるのが化学の第一歩
    • モル濃度は分析化学の常識
    • 百分率濃度にも4つある
    • ppm,ppb,そしてppt
    • 有効数字に意義あり
    • 演習問題
  • 第3章 水溶液中にはミラクルがあった−活量,濃度,平衡定数,そしてpH−
    • 海水には多くの化学種が溶けている
    • 化学平衡と2つの平衡定数
    • 濃度と活量を区別しよう
    • イオン強度はイオンの雰囲気の目安
    • 活量係数の推算式
    • たいていは希薄な水溶液
    • 滴定の平衡論と速度論
    • pHは便利な指標
    • イオン強度が最小になるのはpH7
    • 純水,雨水,そして胃液のpH
    • 超純水と海水のpH
    • 演習問題
  • 第4章 Water Worldの渡り方−分析化学の問題を解くための方法論−
    • 弱酸HAの〈H+〉を求める問題
    • 分析化学問題の解法の一般化
    • 弱塩基の〈H+〉を求める問題
    • 数学から見た分析化学の計算問題
    • 方法論があればWater Worldを解析できる
    • 演習問題
  • 第5章 ひっかけ問題に気をつけろ−酸塩基反応−
    • 高校化学では答えられない強酸のひっかけ問題
    • pHを正しく計算するには
    • 塩のpHの算出には加水分解が重要
    • 驚くほどかんたんになる緩衝液のpH
    • A−の加水分解を再考しよう
    • 第5章のまとめ
    • 演習問題
  • 第6章 未知量の数が多かったら獣道を探そう−錯形成反応その1−
    • 配位子がくっついた“複雑な”イオンが錯イオン
    • 生成定数(安定度定数)は平衡定数のこと
    • EDTAが手放せなかった1年間
    • 配位数が1のときの錯形成の計算問題
    • 配位数が3のときの錯形成の計算問題
    • 演習問題
  • 第7章 ありがとう,いい試薬です−錯形成反応その2−
    • EDTAの4段解離とイオン種分布
    • EDTAを使って水の硬度が測定できる
    • 私たちの生活に役立っているEDTA
    • 演習問題
  • 第8章 食塩から尿管結石まで−沈殿生成反応その1−
    • 溶解度の単位
    • 塩づくり
    • 沈殿ができるまで
    • 溶解度積とはなんなのか?
    • 沈殿を知れば鉱脈発見につながる
    • 溶解度と溶解度積との関係(BaSO4の場合)
    • 溶解度と溶解度績との関係(Ag2CrO4の場合)
    • pHを変えれば難溶性塩も溶かせる
    • 固体だから役立つ沈殿と,固体だから痛い沈殿
    • 演習問題
  • 第9章 溶解変化もぶっとばし−沈殿生成反応その2−
    • 溶解度を変える3つのケース
    • pHが溶解度を変えるケース:遊離アニオン低減型溶解度増加
    • 錯体形成が溶解度を変えるケース:遊離カチオン低減型溶解度増加
    • 塩の添加が溶解度を変えるケース:アニオン増加型溶解度減少
    • 演習問題
  • 第10章 声に出して読みたい公式−酸化還元反応その1−
    • 燃料電池が教えてくれたこと
    • 標準酸化還元電位を並べればイオン化傾向になる
    • 声に出して読みたいNernstの式
    • pHが電位を変えるケース
    • 錯形成が電位を変えるケース
    • 沈殿生成が電位を変えるケース
    • 定量化の威力
    • 演習問題
  • 第11章 知りたいのは電池のパワー−酸化還元反応その2−
    • 電池のウルトラ3兄弟
    • ダニエル電池を“電池図”で表してみる
    • 素焼きの板とは何か?
    • “電子”の動く部分での収支
    • “イオン”の動く部分での収支
    • 再び,素焼きの板
    • ダニエル電池の起電力を知りたい
    • 電池の分類:一次電池,二次電池,そして燃料電池
    • 19世紀から続く燃科電池の歴史
    • リン酸型燃科電池
    • アルカリ型燃料電池
    • 酸化還元反応のまとめ
    • 演習問題
  • 第12章 酢豚から醬油まで−容量分析:滴定操作と指示薬−
    • 分析化学実験の中心は容量分析
    • 中和滴定(acid‐base titration)
    • キレート滴定(chelometric titration)
    • 沈殿滴定(precipitation titration)
    • 酸化還元滴定(redox titration)
    • 指示薬変色の仕組み
    • 中和滴定には“pH感知変身”型指示薬
    • キレート滴定には“競争敗退”型指示薬
    • 沈殿滴定には“おこぼれちょうだい”型指示薬
    • 酸化還元滴定には“役割終了自己発信”型指示薬
  • 第13章 研究の最前線で役立っている分析化学−液液抽出法とイオン交換法−
    • 異相系と均相系
    • 液液抽出法
    • 海水中のウランの分析
    • イオン交換怯
    • 固相抽出材料の必要性
    • 固相抽出材料の作製
    • 固相抽出材料の性能
  • 第14章 機器との遭遇−機器分析のご紹介−
    • 30年間で20の機器に出会った
    • pHメータ
    • 吸光光度計
    • 原子吸光光度計
    • 全有機炭素計TOC
    • 走査電子顕微鏡SEM
    • 細孔径分布測定装置
    • 比表面積計
    • ESR,NMR,そしてIR
    • クロマトグラフィー
    • 透過電子顕微鏡TEM
    • SAXSとSANS
    • 屈折率計
    • 熱分析TG,DSC
    • 機器との遭遇のまとめ