サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 一、燕豚を包み。中夜に神交を訪ふ。
  • 一、營錢を貸て。義城に古風を倅ふ。
  • 一、巨産を得んとして。濟州伯病を佯はる。
  • 一、衙童に教へ。海印僧を師と爲す。
  • 一、窮儒を赦し。柳統使報を受く。
  • 一、鬼物。毎夜明珠を求む。
  • 一、賊魁中宵に長劒を擲つ。
  • 一、老翁提督を叱して馬に騎る。
  • 一、新婦虎を【ウ】て。丈夫を救ふ。
  • 一、別科を設け。少年高く中る。
  • 一、錦袍を製し。夫人善く相す。
  • 一、書封を傳へ。千里父親を訪ふ。
  • 一、天星を覘ひ。深峽に異人に逢ふ。
  • 一、三【ベン】を屈し。善く辨して宰相を動かす。
  • 一、異形に問ひ。洛江に團隱に逢ふ。
  • 一、草堂に座し。三老星を穰る。
  • 一、琳宮に會し。四儒相を問ふ。
  • 一、幸州に撻ち。權元帥の奇功。
  • 一、和僧を【キョウ】す。柳居士の明識。
  • 一、山海關都督。虜兵を鏖にす。
  • 一、青石洞に。明將劒客と鬪ふ。
  • 一、重恩を報じ。雲南美娥を致す。
  • 一、錦江を過ぎ。急難に高義す。
  • 一、牛商と貧僧。明府に逢ふ。
  • 一、車五山興に乘じて。画屛に題す。
  • 一、卜説を信じ。胡儒香を探る。
  • 一、吝客を諷し。呉物音善く諧す。
  • 一、寳氣を知り。許生銅爐を取る。
  • 一、練光亭に。錦南變に應ず。
  • 一、勳功を策す。良妻の明鑑。
  • 一、節夫難に當り。高義を辨ず。
  • 一、李措大。學【ケン】に地師を訪ふ。
  • 一、李尚書。元宵に芳縁を結ぶ。
  • 一、柳匠に婿となり。李學士亡命す。
  • 一、神主に題し。眞書は諺文に勝る。
  • 一、佳妓を得て。沈相國名を成す。
  • 一、老媼患を慮り。小室を納る。
  • 一、黄龍を夢み。至誠宵寐に發す。
  • 一、洪尚書。挺を受け。刄を免かる。
  • 一、呂繡衣。花を移し。木を接ぐ。
  • 一、和寇を料り。麻衣明かに見る。
  • 一、宰錦城。金漢を杖殺す。
  • 一、屍を匿し。海倅恩を償ふ。
  • 一、刑杖を受く。措大の風月。
  • 一、重寶を獲。慧婦夫を擇ぶ。
  • 一、貞節を守り。崔孝婦虎を感ぜしむ。
  • 一、南師古東國に十勝を選ぶ。
  • 一、李班刑法を受く。
  • 一、父の命を乞ひ。忠婢三節を完ふす。
  • 一、欺騙を善くし。猾胥、痴卒に弄せらる。
  • 一、一扇を惜む。措大の吝癖。
  • 一、勳業を成して。糟糠を忘れず。
  • 一、千金を捐つ。金象胥の羲氣。
  • 一、二妾を得たる。權上舍の福縁。
  • 一、清州の倅。權術を以て、盜を捕ふ。
  • 一、車五山。屛を隔て、百韻を呼ぶ。
  • 一、韓石峰。興に乘じて。一陣を灑ぐ。
  • 一、峽氓。誤て他人の祝を讀む。
  • 一、小會を成す。四六の詩令。
  • 一、芳縁を結ぶ。二八の娘子。
  • 一、鄭謙齊。中國に画名を擅まにす。
  • 一、嚴鼻を畏れ。【カン】婦矢言を出す。
  • 一、官租を輸して。富民兩班を買ふ。
  • 一、園中に伏し。舊妻計を授く。
  • 一、盂監司。東岳奇事を聞く。
  • 一、輦路に訴て。忠僕寃を鳴らす。
  • 一、精誠を致し。曉に課して佛像を拜す。
  • 一、貌を以て人を取り。詔使一笑柄を爲す。
  • 一、野鼠天下の巨族に婚を求む。
  • 一、詩話一則。
  • 一、鄭麟趾の逸話。
  • 一、義僕。頓智を以て賊を倒す。
  • 一、熊も亦情ある乎。
  • 一、過ち悟て。馬首を斬る。
  • 一、請囑に困じ。苦案を以て之を斥く。
  • 一、奕戰の注物に因て。富翁と爲る。
  • 一、南山の岩石を贈られて。辟易す。
  • 一、大僕寺の藁を見て。三人諧譃す。
  • 一、妓生。【ゴ】作人に翻弄せらる。
  • 一、科擧に僞着多し。
  • 一、麗李二朝に於ける。詩文の大家。
  • 一、箕都。練光浮碧の檀聯。
  • 一、箕都の詩話。
  • 一、平壤の佳妓。
  • 一、箕子廟の詩。
  • 一、金富軾大に鄭知常に叱らる。
  • 一、浮碧に非ず。埋沒也。
  • 一、麗末義臣、趙狷。
  • 一、五禮儀註の著者。李承召の逸事。
  • 一、我は是れ天上の盲。
  • 一、妾を得んとして。吾が妻を抱く。
  • 一、東隣の友。我を訪ふ耳。
  • 一、刑罰無かる可からず。
  • 一、家庭の教訓。
  • 一、小僧の惡剌。
  • 一、大事去れり。
  • 一、未亡人の内行。
  • 一、文廟の制度。
  • 一、其名支邦に傅る者有り。 以下続く