サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

目次

著作権法概論 改訂版

著作権法概論 改訂版 (放送大学教材)

  • 作花 文雄(著)/ 吉田 大輔(著)
  • 1 著作権制度の仕組み
    • 1.知的財産権制度と著作権法の役割
    • 2.著作権制度の仕組み
  • 2 著作物
    • 1.著作物の要件
    • 2.著作物の種類
    • 3.二次的著作物
    • 4.編集著作物
    • 5.データベースの著作物
    • 6.権利の目的とならない著作物
  • 3 著作者
    • 1.創作者
    • 2.共同著作
    • 3.法人著作(職務著作)
    • 4.映画の著作物の著作者・著作権者
  • 4 著作者人格権
    • 1.著作者人格権の種類と性質
    • 2.公表権
    • 3.氏名表示権
    • 4.同一性保持権
    • 5.著作者の名誉又は声望を害する利用
    • 6.著作者の死後における人格的利益の保護
  • 5 著作権(その1)
    • 1.時代とともに変化する著作権の内容
    • 2.複製権
    • 3.複製物の譲渡又は貸与に関する権利
  • 6 著作権(その2)
    • 1.著作物を公衆に直接見せたり,聞かせたりする場合の著作権
    • 2.著作物を公衆に送信する場合の著作権
    • 3.二次的著作物に関する権利
  • 7 著作隣接権
    • 1.著作隣接権保護の理由
    • 2.実演家の権利
    • 3.レコード製作者の権利
    • 4.放送事業者の権利
    • 5.有線放送事業者の権利
  • 8 権利の制限(その1)
    • 1.私的使用のための複製(30条)
    • 2.図書館等における複製(31条)
    • 3.引用(32条)
    • 4.教科用図書等への掲載(33条)
    • 5.教科用拡大図書等の作成(33条の2)
    • 6.学校教育番組の放送等(34条)
    • 7.学校その他の教育機関における複製等(35条)
    • 8.試験問題としての複製等(36条)
    • 9.視覚障害者等のための複製等(37条)
    • 10.聴覚障害者等のための複製等(37条の2)
  • 9 権利の制限(その2)
    • 11.営利を目的としない上演等(38条)
    • 12.時事問題に関する論説の転載等(39条)
    • 13.政治上の演説等の利用(40条)
    • 14.時事の事件の報道のための利用(41条)
    • 15.裁判手続等における複製(42条)
    • 16.情報公開法等による開示のための利用(42条の2)
    • 17.国立国会図書館におけるインターネット資料の保存(42条の3)
    • 18.放送事業者等による一時的固定(44条)
    • 19.美術の著作物等の原作品の所有者による展示(45条)
    • 20.公開の美術の著作物等の利用(46条)
    • 21.美術の著作物等の展示に伴う複製(47条)
    • 22.美術作品等の販売等に伴う利用(47条の2)
    • 23.プログラムの著作物の複製物の所有者による複製等(47条の3)
    • 24.保守・修理等のための一時的複製(47条の4)
    • 25.情報の処理・送信の過程における蓄積等(47条の5,47条の7,47条の8)
    • 26.情報検索エンジンにおける複製等(47条の6)
    • 27.著作者人格権との関係(50条)
  • 10 著作権等の保護期間と登録制度
    • 1.著作権の保護期間
    • 2.外国著作物の保護期間
    • 3.著作隣接権の保護期間
    • 4.著作権法上の登録制度
  • 11 著作物の利用
    • 1.著作物等の利用許諾
    • 2.著作権の譲渡
    • 3.出版権
    • 4.裁定による著作物の利用
    • 5.著作権等の管理
  • 12 権利侵害に対する救済・制裁
    • 1.民事上の救済の概要
    • 2.差止請求
    • 3.損害賠償請求
    • 4.不当利得返還請求
    • 5.名誉回復等の措置請求
    • 6.刑事上の制裁
  • 13 著作権に関する条約
    • 1.著作権に関する条約
    • 2.著作隣接権に関する条約
    • 3.終わりに
  • 14 著作権制度の歴史
    • 1.著作権制度の確立
    • 2.時代の進展に対応した著作権法の整備
    • 3.著作権制度改正の潮流
  • 15 現代社会における課題
    • 1.新しい著作物の利用形態の登場とルールの形成
    • 2.録音録画機器の普及・高機能化と私的複製問題
    • 3.インターネットの発展と著作権法上の課題
    • 4.権利の強化と公正な利用の調和